ネッタイスズメダイの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】





どうもヤスです!

今回はピンクイエローの体色が非常に美しい『ネッタイスズメダイ』をご紹介したいと思います。

見た目は非常に可愛らしいですが、やはりスズメダイということもあり性格はかなりキツめです。性質としてはルリスズメダイと非常に似ており、底砂をボコボコ堀り起こします。

縄張り意識が非常に強い種ですので、複数飼育には注意しましょう。



 

ネッタイスズメダイの購入

ネットまたはアクリアリウムショップどちらでも購入ができます!

ネッタイスズメダイは非常に丈夫な種なのでネット購入でも問題ないと思います。

ネッタイスズメダイは他の海水魚同様に病気や環境変化に非常に強い種のため、輸送中に弱ることはほとんどありません。なのでショップになかなか行けない方はネット購入を利用して購入するといいでしょう。

 

ネッタイスズメダイの値段

ネット購入とショップ購入の値段を調べてみましょう!

ネット購入  600円
 ショップ購入   800円

スズメダイの中では若干高価なイメージです。

通常のスズメダイであれば基本的に1匹350円前後が多いですが、ネッタイスズメダイは倍近くの値段がします。安価ではないのでネット購入でも送料を気にせず購入できる可能性はありますが、ショップであればセールを行っている可能性もあるため、安価で入手できる可能性があります。

もしお近くにショップがあるのであれば一度足を運んでみてもいいかと思いますが、ネット購入でも問題ありませんのでお好きな方を選んでください。

 

 水温・水質

最も好む温度は25℃です。

ネッタイスズメダイは非常に丈夫な種のため、水質や水温変化にはかなり強いです。水温に関しては30℃近くまで耐えることができますし、比重に関してもかなり高い数値になっても耐えることができます。ルリスズメと同様の耐性があると思っていただいて問題ありません。

ただし決して住み心地がいいわけではなく、環境が悪化しすぎると泳ぎが鈍くなり、ライブロックの陰から動かなくなることがあります。水質・水温変化には十分注意しましょう。


水槽の大きさ

単独飼育であれば30cmの水槽でも十分飼育可能です。

成長しても最大で8cm前後までしか成長しないため、30cm規格水槽でも十分飼育は可能だと思います。

ただし他の海水魚と混泳をさせる場合はある程度大きな水槽が必要になります。水槽が小さいと喧嘩やストレスの原因になりますので、大きめの水槽を用意しましょう!

これから海水魚を混泳させようと考えている方は60cm水槽をオススメしていますので是非参考にしてください!

 

混泳

他種混泳

注意が必要です

ネッタイスズメダイはスズメダイの中でも性格のきつい方です。

自分の縄張りに入ってくる海水魚はハギ類やヤッコ類など比較的身体の大きな海水魚でも尻尾で威嚇をすることがあります。

もし他の海水魚と混泳させる場合は、最初に性格の大人しい海水魚を水槽に入れて、慣れてきた頃にネッタイスズメダイを入れるようにしましょう。また混泳する海水魚は必ずネッタイスズメダイよりも身体の大きな個体を選ぶようにし、当たり負けしない個体を選びましょう。

クマノミ種との混泳は特に喧嘩することはなく、比較的仲良くやってくれます。大人しい海水魚と身体の小さな海水魚との混泳だけ注意しましょう。

同種混泳

基本的には複数飼育はNGな種です。

性格がきついうえ、同種で複数混泳をすると縄張り争いや喧嘩をすることが多いです。元気な個体であればいじめられることは少ないですが、少しでも弱っていたり身体が小さい場合、いじめられてしまうことが多いです。

複数飼育するのであれば元気な個体で、同じ体格の個体をペアで飼育することをオススメします。3匹以上だと喧嘩することが多いですので、大型の水槽を用意するなど工夫が必要です。

またルリスズメダイとの混泳は控えましょう。どちらも底砂を掘って住処を作る習性を持っているため、必ずと言っていいほど喧嘩します。注意しましょう。

サンゴとの混泳

サンゴとの混泳は基本的に問題ありません

ネッタイスズメダイはハードコーラルと飼育されることが多く、SPSと飼育する方が非常に多いです。特にミドリイシなどのサンゴと飼育されることが多いです。

ただしライブロックの下の底砂を掘り起こすため、ライブロックがしっかり固定されていないと崩れてしまい、サンゴを傷つけてしまうことがあります。サンゴを飼育する場合は底砂を厚めに敷いてあげるようにしましょう。

ネッタイスズメダイはサンゴに食害を及ぼしませんので、安心して混泳させることができます。ただしサンゴの中には周りを激しく泳がれるのを嫌がるサンゴもいますので、そういった種類のサンゴとの混泳は避けるようにしましょう。

サンゴについての基本的な情報はこちらをご覧ください。


 

エサ

人工エサ、生エサ両方とも好んで食べます

比較的なんでも食べる種なのでエサはあまりこだわらなくても大丈夫です。強いて言うならメガバイトレッドなどの動物食性のエサをあげるといいでしょう。

基本的にはなんでも食べてくれますので、もしエサを食べない場合は飼育環境に問題があることが多いです。病気にかかっている可能性もありますので、飼育環境の見直しをしてみてください。

それでも食べない場合は冷凍エサを人工エサと混ぜながらあげてみてください。

 

病気

病気には非常に強いです。

基本的にはあまり病気にはかからず、白点病にも強い種です。環境が悪化しても病気にかかることがないため初心者の方でも安心して飼育することができます。

ただしあまりにも飼育環境がひどいと病気にかかってしまうこともありますので、十分飼育環境には配慮しましょう。


まとめ

最後にネッタイスズメダイについてまとめたいと思います!

値段  600円~
水温  25℃
水槽  30cm~
協調性  ★★☆☆☆
餌付け  ★★★★★
病気耐性  ★★★★★
飼育難易度  ★☆☆☆☆

 

おわりに

さてさて今回はピンクイエローの体色が特徴のネッタイスズメダイについてお話をしました!

ネッタイスズメダイを飼育する際に注意すべきはサンゴと飼育する時です。先ほども記載しましたが底砂を掘り起こす習性がありますので注意しましょう。

もし混泳をせず単独飼育するのであれば初心者でも飼育可能な丈夫な種です。これから初めて飼育する方にはオススメできる種ですので、今回の記事を参考にして飼育してみてください!

 

その他海水魚の購入はこちらからどうぞ!
 
チャーム本店チャーム本店

チャーム本店チャーム本店

チャーム本店チャーム本店

チャーム本店チャーム本店

チャーム本店チャーム本店

チャーム本店チャーム本店










関連記事

  1. ルリヤッコの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  2. ヘコアユの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  3. カクレクマノミの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  4. ホワイトソックスの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  5. ソメワケヤッコの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  6. アフリカンフレームバックエンゼルの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サ…

  7. チョウチョウウオと相性のいい海水魚は?カクレクマノミやスズメダイとは相…

  8. ピーチクリーナーラスの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

人気記事

  1. マリンアクアリウムの基本

    【必読】これから海水魚飼育を始めたい方はまずこち…
  2. 用品・製品

    初心者必見!失敗しないろ材の順番!
  3. 病気・治療法

    海水魚の白点病に大効果!オキシドールの使い方!
  4. マリンアクアリウムの基本

    【ベスト10】海水魚人気ランキング2019!オス…