ニシキテッポウエビの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】





どうもヤスです!

今回はギンガハゼと共生することで有名なニシキテッポウエビの紹介をしたいと思います!

ニシキテッポウエビはライブロックと底砂の間に巣を作ってそこで生活します。砂を後ろ足で蹴るようにして底砂を掻き出して穴を掘る姿は非常に可愛いです。

そのためニシキテッポウエビを飼育する際は底砂は必須で、パウダー状の底砂ではなく大小の粒が入り混じった底砂を使用することがオススメです。



 

ニシキテッポウエビの購入

ニシキテッポウエビはネットまたはアクリアリウムショップどちらでも購入ができます!

ショップではあまり多く入荷する種ではないと思いますので、すぐに飼育したい方はネット購入がオススメです。

特に模様や体長にこだわりがない場合はネット購入の方が安く済む場合もありますので、こだわるポイントによって購入場所を選ぶと良いでしょう!

 

ニシキテッポウエビの値段

ネット購入とショップ購入の値段を調べてみましょう!

ネット購入  1,500円
 ショップ購入   2,200円

ネット購入の方が安価です。

ネット購入をする場合は体長や個体の状態を選ぶことができませんが、安価で手に入るため個体の見た目や状態にこだわらない方にはオススメです。

またネット購入の場合はギンガハゼとセットで購入することもできますので、ショップでの入荷が待てない!という方はショップ購入がオススメです!

 

水温・水質

最も好む温度は25℃です。

シュリンプ系に共通して言えることですが、温度変化、水質変化には弱い傾向があります。

現在飼育している水槽内での環境変化であればある程度耐えることができますが、購入してきて水槽に入れる時にしっかりと水あわせをしないと数日で死んでしまうことも珍しくありません。

そのためニシキテッポウエビを購入して水槽に入れる際は、水槽内の環境を整えた上で、時間をかけて水あわせをしてから行うようにしましょう。


 

水槽の大きさ

水槽サイズは30cm規格でも十分飼育が可能です。

基本的にはライブロックと底砂を設置してあげれば水槽の大きさにはこだわらず飼育することができます。

30cm水槽であってもギンガハゼとの混泳であれば問題なく飼育することができます。ただしギンガハゼとニシキテッポウエビ以外の種を混泳させるのであれば45cm以上の水槽は必須です。水質悪化もさることながら、海水魚のストレスになってしましますので注意しましょう。

 

混泳

他種混泳

海水魚との混泳については問題ありません

ハギやヤッコ、クマノミやチョウチョウウオ類との混泳は特に問題ありませんが、スズメダイとの混泳は注意が必要です。

デバスズメダイなど水中で生活する種であれば問題ありませんが、ルリスズメダイやアレンズダムセルなどライブロックと底砂の間に穴を掘って生活する種との混泳は避けましょう。

ニシキテッポウエビはギンガハゼとの混泳が非常に有名です。

ニシキテッポウエビが作った巣穴に共生することで有名で、お互いが役割を持って生活をしています。ニシキテッポウエビが巣穴を作るのですが、視力が弱いため外敵からが襲来しても気づかず襲われてしまうことが多いのです。なのでギンガハゼをその巣に住まわせる代わりにギンガハゼを入り口に配置し、敵が来ないか見張ってもらうんです。すごい協力関係ですね!

ちなみにギンガハゼ以外にもクビアカハゼ、ヤマブキハゼなどのハゼとも共生させることができます。

同種混泳

同種混泳には注意が必要です

水槽が30cmくらいの小さいサイズの場合、複数飼育してしまうと喧嘩をしてしまうことがあります。

水槽がある程度大きくライブロックを多めに設置してあげれば混泳させることも可能ですが、基本的に水槽が小さい場合は1水槽には1匹だけ飼育するようにしましょう。

喧嘩する際などは片方のでかいハサミをパチパチ鳴らして敵を威嚇します。

サンゴとの混泳

どの種とも問題ありません。サンゴに害を及ぼすこともありませんので混泳させても大丈夫です。

ただしライブロックと底砂の間に穴を掘りますので、ライブロックをしっかりと組まないと崩れてしまいサンゴにダメージを与えてしまうことがあります。

サンゴと飼育する際は必ずライブロックのみで最初に組んだのち、底砂を入れてしっかりと固定できるようにしましょう。

 

エサ

人工エサ、冷凍エサ両方とも好んで食べます

冷凍エサのブラインシュリンプも普通に拾って食べます。人工エサも拾って食べますのであまりエサの種類にはこだわらず飼育することができます。

基本的にはそこに落ちてきた餌を食べますので、沈降性のエサを与えるようにしましょう。

スズメダイなどの勢いよくエサに食いつく種と混泳している場合はエサが行き渡らない可能性もありますので、多めのエサをいっぺんに入れるか、スポイトで底砂付近に与えるのもひとつです。

 

病気

病気には非常に強い種だと思います。

ただし環境が悪化すれば病気にかかりやすくなってしまいますので、繰り返しにはなりますが、水温や比重などの飼育環境には注意してあげてください。

また、エビ飼育の際に気を付けなければいけないのは薬品の投入です。エビには影響を与えないとしているものももちろんありますが、白点病治療の薬品などエビに有害な薬品も数多くありますので投入する際は気を付けてくださいね。


 

まとめ

最後にニシキテッポウエビについてまとめたいと思います!

値段  1,500円~
水温  25℃
水槽  30cm
協調性  ★★★★★
餌付け  ★★★☆☆
病気耐性  ★★★★★
飼育難易度  ★★☆☆☆

 

おわりに

さてさて今回はハゼと共生する面白いシュリンプのニシキテッポウエビを紹介をしました!

最後に脱皮についてお話をしたいと思います。これはエビ全般に言えることですがニシキテッポウエビは頻繁に脱皮を繰り返します。

脱皮をしたときは殻が汚れの原因になってしまいますので、気づいたら取り除いてあげてください。

また体力がない時に脱皮をしてしまうと最後まで脱皮をすることができずに力尽きて死んでしまうこともありますので、生体にストレスをかけないように飼育しましょう!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

(海水魚)なかよしセットB(ギンガハゼ+ニシキテッポウ) 北海道・九州航空便要保温
価格:2540円(税込、送料別) (2017/11/19時点)

 

その他海水魚の購入はこちらからどうぞ!
 

チャーム本店チャーム本店チャーム本店チャーム本店チャーム本店チャーム本店チャーム本店チャーム本店チャーム本店チャーム本店チャーム本店チャーム本店
 









関連記事

  1. アカハチハゼの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  2. シリキルリスズメダイの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  3. アミメチョウチョウウオの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  4. ヒフキアイゴの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  5. クログチニザの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  6. ヤマブキスズメダイの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  7. パウダーブルータンの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  8. アケボノハゼの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

人気記事

  1. 用品・製品

    初心者必見!失敗しないろ材の順番!
  2. 病気・治療法

    海水魚の白点病に大効果!オキシドールの使い方!
  3. マリンアクアリウムの基本

    【必読】これから海水魚飼育を始めたい方はまずこち…
  4. マリンアクアリウムの基本

    【ベスト10】海水魚人気ランキング2019!オス…