ナチュラルシステムってなに?ベルリン式?生物ろ過との違いは?





どうもヤスです!

今回はSPSなどの水質に敏感なサンゴを飼育するために必須な『ナチュラルシステム』というものについてお話をしたいと思います。

今まで海水魚をメインで飼育されてきた方は『なにそれ?』と思う方も多いのではないでしょうか。でもそれは当然の事。実はナチュラルシステムは『サンゴ飼育をメインとした水槽に必要なシステム』だからです。

では通常のろ過システムと何が違うのでしょうか?今回はそのナチュラルシステムについて詳しくお話をしたいと思いますので、これからサンゴ飼育を考えている方は是非参考にしてみてください。



 

ナチュラルシステムってなに?

ナチュラルシステムは『生物ろ材の代わりにプロテインスキマーを使用して、有害物質を取り除くろ過システム』です。生物ろ材を取り除き、その代わりに大型のプロテインスキマーをろ過槽に導入します。

ナチュラルシステムはハードコーラル(主にSPS)のサンゴ飼育を目的として作られたもので、ハードコーラルが嫌う栄養塩を極力発生させないようにするため、試行錯誤の末に完成した非常に有能なろ過システムです。ではそのナチュラルシステムについて詳しく見ていきましょう。

プロテインスキマーについてはこちらをご覧ください。

 

 

ナチュラルシステムの仕組み

今まで生物ろ過でろ過システムを立ち上げてきた人は『生物ろ過が無いのに有害物質をしっかり処理できるの?』と思いますよね。

ここではそのような方にも納得してもらえるように、ナチュラルシステムの有害物質処理の仕組みについてお話をしていきたいと思います。

ではまずはじめに比較のために、生物ろ材を使用した生物ろ過による有害物質のろ過過程を見てみましょう!

通常のろ過システムを強制ろ過システムとも言います。

絵を見て頂くとわかる通り、通常の生物ろ過の場合は餌の残りや魚のフンが原因で汚れの素になるタンパク質が生成され、それを生物ろ材に住んでいるバクテリアが無害な硝酸塩まで分解して、最終的に底砂に住む嫌気性バクテリアがその硝酸塩を窒素に分解し、空気中へ放出するという流れです。

硝酸塩は無害だということはなんとなく知ってる方も多いと思いますが、実は無害なのは海水魚にとってだけであってサンゴには非常に有害な物質なんです。

嫌気性バクテリアもすべての硝酸塩を分解できるわけではなく、海水魚水槽のように硝酸塩が生産される量が多い水槽では、硝酸塩が分解しきれず蓄積していってしまいます。硝酸塩の蓄積はサンゴにとって非常に危険な状態なので、極力減らす必要がありますが、生物ろ過だとどうしてもろ過の過程で発生してしまうのです。

上記の説明で『生物ろ過は海水魚にとっては住みやすい環境を作り出すことができるが、水質に敏感なサンゴにとってはかなり厳しいシステム』だということがわかってもらえたと思います。

では次にナチュラルシステムのろ過過程を見てみましょう。

餌の残りや魚のフンをタンパク質まで分解する流れはナチュラルシステムも同様です。

生物ろ過と異なるのは、このタンパク質の処理方法です。ナチュラルシステムでは大型の強力なプロテインスキマーを使用して、発生したタンパク質の大部分をタンパク質のまま取り除いてしまいます。

硝酸塩などの栄養塩はタンパク質が原因で生じるわけですから、そのもとになるものを取り除いてしまえば栄養塩の発生をぐっと抑えることができるというわけですね。

生物ろ材を取り除いたのは、プロテインスキマーはその名前の通りタンパク質を取り除くための装置ですので、有害物質がタンパク質の状態である必要があります。

しかし生物ろ材を入れておくとあっというまに硝酸塩まで分解されてしまうのでタンパク質の分解を防ぐために生物ろ材を取り除く必要があるわけなんです。

しかしプロテインスキマーも全ての有害物質を除去できるわけではありません。そこでナチュラルシステムで次に大切なのが『ライブロック』なんです。

ライブロックには大量のバクテリアが付着しており、そのバクテリアも有害物質を分解する力を持っています。そのバクテリアがプロテインスキマーが処理しきれなかった有害物質を処理しっかり処理してくれます。

そのためライブロックは通常のろ過システムに比べて大量に入れる必要があります。ライブロックの詳しい機能についてはこちらをご覧ください。

 

これがナチュラルシステムの基本的なろ過システムです。

ナチュラルシステムにはベルリン式やモナコ式がありますが、今回ご紹介したのは現在最も普及しているベルリン式のナチュラルシステムです。

モナコ式はプロテインスキマーを使用せず、好気性バクテリアと嫌気性バクテリアをメインに使用するろ過システムのため、非常に難易度が高いので今回紹介は控えたいと思います。


ナチュラルシステムに必要なもの

さてではそのベルリン式のナチュラルシステムを作るためには何が必要なんでしょうか。ご紹介したいと思います。

ベルリン式ナチュラルシステムの作成に必要なもの
■ 大型プロテインスキマー
■ 底砂(3cm以上のライブサンド)
■ ライブロック(水槽水量の1/3ほど)
■ オーバーフロー水槽(60cm規格以上を推奨)
■ サーキュレーター(複数または回転式)

おおまかなものはこれくらいです。ではひとつひとつ見ていきましょう。

 

プロテインスキマー

プロテインスキマーはできるだけ強力なものを用意しましょう。

プロテインスキマー内に海水をくみ上げる用のポンプも購入する必要があります。※付属している商品もあります。

オーバーフロー水槽を使用する場合、基本的には濾過槽に設置するタイプの内部式プロテインスキマーの方が場所も取らないのでオススメです。

90cm前後の水槽であれば『H&S プロテインスキマー』がオススメです。昔からプロテインスキマーとしてメジャーな商品で、タンパク質除去能力はピカイチです。海水魚ショップで使用されているのもこの商品が多いです(西日本用と東日本用でHzが異なりますので、購入の際は注意してください)。

その他ゼンスイシリーズも非常に有効ですので、非常にオススメです。

 

底砂

嫌気性バクテリアを発生させるのに必要なものです。

底砂の種類や機能については以下にご紹介する記事をご覧頂きたいと思いますが、基本的にはレッドシー社から販売されているライブサンドのオーシャンホワイトがオススメです。他のライブサンドに比べて白さが圧倒的で、LEDライトなどに照らされると非常に美しく輝きます。

底砂の機能と選び方についてはこちらをご覧下さい。

 

ライブロック

先程お話をした通りです。

ライブロックに付着しているバクテリアがプロテインスキマーが処理しきれなかった有害物質を分解してくれます。入れる量は水槽に入る海水量の1/3程は敷き詰めると良いといわれています。

 

オーバーフロー水槽

これが無ければ始まりません。

サンゴを飼育するのであれば少なくとも60cm以上の水槽をオススメします。

45cmの水槽でも飼育ができないわけではありませんが、今後のサンゴの成長や水質の安定性を考えるとやはり60cm規格以上が望ましいでしょう。オススメはアールズアクアさんから販売されているベーシックなオーバーフロー水槽です。必要なものは店員さんにお願いすればその水槽に合うものを選んでくれますし、なにより非常にコストパフォーマンスに優れています。

 

サーキュレーター

水槽内に水流を起こすために必要なものです。

サーキュレーターで流れを起こさない場合、ポンプから汲みあがってくる海水による水流しか起こらず、流れが弱いために水槽内に有害物質が溜まってしまい、よどみが発生してしまいます。

商品はなんでも大丈夫ですが、基本的にはランダムな水流を作ることが望ましいですので、複数のサーキュレーターをタイマーで20秒ごとに作動させたり、回転式のサーキュレーターを使用して常にランダムな水流を起こすようにしてあげると良いでしょう。



ナチュラルシステムのデメリットは?

さて万能に見えるナチュラルシステムですが、残念ながらデメリットも存在します。ご紹介していきましょう。

 

必要な道具が高価

オーバーフロー水槽だけでも数万円するのに加えて、プロテインスキマーも数万円します。

さらにそこに細かい道具やサンゴなどを購入していったらかなりの値段になります。一番のネックはこの点にあると思います。無理して購入するのではなく、今後かかってくる費用のことも考えて、余裕をもって購入するようにしましょう。

 

場所をとる

オーバーフロー水槽内にすべて収められれば特に場所は取りませんが、外部式のプロテインスキマーを設置する場合は非常にかさばります。ナチュラルシステムを設置する場合は、設置する場所についてもしっかり考える必要があります。

 

海水魚飼育には向かない

繰り返しになりますが、ナチュラルシステムはサンゴ飼育を目的として作られたろ過システムです。

海水魚メインで飼育する場合は、汚れるスピードも速いので有害物質の処理も効率よく行える通常のろ過システムの方が向いています。

しかし最近ではレッドシーから販売されている『NO3:PO4-X』という商品などの吸着材が販売されているため、リン酸塩などを抑えることができ、ナチュラルシステムでも海水魚を多く飼育しながらサンゴも飼育する方が増えてきているようです。

 

 

おわりに

さて今回はサンゴ飼育向けのろ過システム、ベルリン式ナチュラルシステムについてお話をしました。初心者の方には高価かつメンテナンスに不慣れなことから、なかなか手が出しづらいかもしれません。

もしサンゴを飼育するためにナチュラルシステムの導入を考えているのであれば、まずはソフトコーラルやLPSなどのサンゴを飼育して、サンゴ飼育に慣れてきたころにナチュラルシステムの導入を考えてはいかがでしょうか。









関連記事

  1. 海水魚専門の自動給餌器をセットして実際に使ってみた

  2. 海水魚サンゴ飼育に必須!?プロテインスキマーの効果!

  3. 海水魚の餌付けには生餌が一番の方法!?オススメの冷凍エサとその種類は!…

  4. 餌の種類や好みの違いは?海水魚飼育にオススメのエサ!

  5. オルカ製の小型水槽向けプロテインスキマー!スキマーミニット2の効果・性…

  6. 硝酸塩測定!測定方法と結果について!

  7. 亜硝酸塩を減らすためには!セラ社テストキットを使った結果と感想!

  8. 海水魚飼育に必須!水槽にいるバクテリアの機能とその種類!

人気記事

  1. マリンアクアリウムの基本

    【必読】これから海水魚飼育を始めたい方はまずこち…
  2. 病気・治療法

    海水魚の白点病に大効果!オキシドールの使い方!
  3. マリンアクアリウムの基本

    【ベスト10】海水魚人気ランキング2019!オス…
  4. 用品・製品

    初心者必見!失敗しないろ材の順番!