テングカワハギの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】





どうもヤスです!

さて今回はとても色鮮やかな海水魚『テングカワハギ』についてお話をしたいと思います。

テングカワハギは非常に美しい見た目から非常に人気の高い海水魚の一種です。見た目も普通の海水魚とは異なり特殊な形をしていますのでそこもまた人気の秘訣なのでしょう。

そんなテングカワハギですが、自然界ではサンゴがたくさん繁殖している場所に生息し、サンゴのポリプを食べて生きています。そのため水槽内でもサンゴとの混泳は難しいとされています。

ちなみにオスとメスの区別は尾ヒレの白い斑点で区別します。上の写真を見てもらうとわかる通り、白の点々がありますので上の写真のテングカワハギはオスです。幼魚の頃は白い斑点がわかりづらく、区別がつきにくいようです。



 

テングカワハギの購入

テングカワハギはネットまたはアクリアリウムショップどちらでも購入ができます!

テングカワハギについてはショップ購入ネット購入どちらでもいいと思います。ヒレナガハギは比較的丈夫な種なので、輸送中に弱ることはありません。

ただし注意すべきは餌付いているかどうかの確認です。テングカワハギは餌付けに非常に苦労する海水魚のため、購入前にエサに餌付いているのかどうかしっかり確認しましょう。

 

テングカワハギの値段

ネット購入とショップ購入の値段を調べてみましょう!

ネット購入  1,400円
 ショップ購入   2,800円

比較的入手しやすい価格帯だと思います。

入荷するテングカワハギの多くはインド洋〜西武太平洋に生息している個体が多いですが、日本の沖縄にも生息しているため沖縄産のテングカワハギも入荷してきます。

価格は沖縄産の個体の方が若干高価ですが、さほど差はありませんので、もし購入するのであれば丈夫な沖縄産を購入することをオススメしましょう。

 

 水温・水質

最も好む温度は25℃です。

テングカワハギは水温変化や水質変化に強くありません。温度変化や水質変化が起きるとすぐに白点病にかかってしまいますので、水温や水質には十分気をつけるようにしましょう。


水槽の大きさ

単独で飼育するのであれば45cm水槽でも飼育可能です。

後ほどご説明しますが混泳には注意しなければいけない種のため、できるだけ大きな水槽を用意してあげる必要があります。他の海水魚と混泳させるのであれば60cm〜90cmの水槽は用意してあげるようにしましょ。

 

混泳

他種混泳

混泳には注意が必要です

テングカワハギは非常に臆病な海水魚のため、混泳させる種には注意する必要があります。気の強い海水魚、よく泳ぎ回る海水魚、身体の大きな海水魚との混泳は避けるようにしましょう。

スズメダイ系やナンヨウハギ、アイゴ系、大型ヤッコなどの海水魚とは混泳は避けるようにしましょう。ただし大きい水槽で飼育する際や大量のライブロックを組んでいる場合は混泳させても大丈夫な場合がありますので、一概には言えません。

同種混泳

少し注意が必要です

基本的にはあまり心配する必要はありませんが、オス同士での混泳は喧嘩してしまうことが多いですので混泳は避けましょう。

複数飼育するのであれば、メスの複数飼育かペアでの飼育が望ましいです。メス同士であれば2匹じゃなくても3匹以上でも飼育可能です。

サンゴとの混泳

非常に注意が必要です

先ほどもお話をした通り、自然界ではサンゴのポリプを主食としているため、混泳は避けた方がいいでしょう。特にハードコーラルは食害にあうことが多く、特にミドリイシやコモンサンゴは食害にあうことがおおいので混泳は避けましょう。

ソフトコーラルは食害にあうことがほとんどないため、特に問題なく混泳させることができます。これからサンゴを飼育する予定のある方は混泳させるサンゴは注意して選ぶようにしましょう。

 

エサ

餌付けには非常い苦労する種です。

最近ではすでに餌付いているテングカワハギが販売されていますが、水槽に入れた途端食べなくなることも多いです。水質や水温などの環境変化によるストレスもありますが、混泳による原因も大きな理由とされています。

テングカワハギはエサを食べるのが非常に遅いため、混泳させている海水魚が激しく食べあうような海水魚の場合、テングカワハギはそれに怯えてしまいエサを食べないことがあります。またエサの量が少ないとテングカワハギまでエサが回らないこともありますのでエサの量も注意する必要があります。

水槽導入初期にあげるエサは冷凍の生エサが望ましいです。最初から人工エサに餌付けるのは至難の技ですので、ブラインシュリンプなどの生エサをあげるようにしましょう。

もしそれでも餌付かない場合はいったん隔離ケースに隔離して、餌付いてから入れるようにしましょう。

長くなりましたが最後にひとつ。テングカワハギを長期飼育するためには人工エサに餌付かせる必要があります。全ての個体がそうではないと思いますが、生エサしか食べない個体は長生きしないようです。少しずつ人工エサにも餌付くように生エサに混ぜて与えるなどの工夫をしましょう。

 

病気

白点病にはかかりやすい種です

水質や水温変化でストレスを感じてしまうとすぐに白点病にかかってしまいます。飼育環境には敏感な種ですので、特にストレスのかかりやすい導入初期には注意を払うようにしましょう。


まとめ

最後にテングカワハギについてまとめたいと思います!

値段  1,400円~
水温  25℃
水槽  45cm
協調性  ★★☆☆☆
餌付け  ★☆☆☆☆
病気耐性  ★★★☆☆
飼育難易度  ★★★★☆

 

おわりに

さて今回はとても綺麗な体色が特徴のいテングカワハギについてお話しました!

今回ご紹介した通り、テングカワハギは飼育する際に注意しなければならない点が複数あるため、初心者の方が混泳させて長期飼育するのは難易度が高い海水魚かもしれません。できればテングカワハギは最初の方のタンクメイトとして入れてあげることが望ましいです。

少しネガティブな話もしてしまいましたが、人工エサに餌付いたテングカワハギは飼育しやすく、長期飼育も可能になります。皆さんも今回の記事を参考にして長期飼育をできるように頑張ってくださいね!

 

その他海水魚の購入はこちらからどうぞ!
 
チャーム本店チャーム本店

チャーム本店チャーム本店

チャーム本店チャーム本店

チャーム本店チャーム本店

チャーム本店チャーム本店

チャーム本店チャーム本店










関連記事

  1. ホンソメワケベラの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  2. ヒフキアイゴの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  3. マンジュウイシモチの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  4. バートレットアンティアスの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  5. トールボッツダムセルの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  6. ブラックオセラリスの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  7. アフリカンフレームバックエンゼルの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サ…

  8. スポッテッドマンダリンフィッシュの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サ…

人気記事

  1. マリンアクアリウムの基本

    【必読】これから海水魚飼育を始めたい方はまずこち…
  2. マリンアクアリウムの基本

    【ベスト10】海水魚人気ランキング2019!オス…
  3. 病気・治療法

    海水魚の白点病に大効果!オキシドールの使い方!
  4. 用品・製品

    初心者必見!失敗しないろ材の順番!