チョウチョウウオはサンゴ水槽での飼育はNG?共生可能な種類を徹底解説!





どうもヤスです!

今回はチョウチョウウオとサンゴの共生についてお話をしたいと思います。

私の記事で「チョウチョウウオはサンゴをエサと思って食べちゃうので一緒に飼育したらダメ!」と口すっぱくお話をしてきましたが、厳密に言うと全てのチョウチョウウオがサンゴ水槽での飼育が難しいわけではありません。

もちろん多くのチョウチョウウオがサンゴ水槽での共生が難しいのは変わりませんが、特定の種であればサンゴ水槽でも飼育することが可能です。

今回はそんなチョウチョウウオとサンゴの共生について詳しくご紹介したいと思います!



 

チョウチョウウオはどうしてサンゴと共生できないの?

さてそもそもチョウチョウウオはなぜサンゴと共生できないのでしょうか。

それは皆さんもご存知の通り「チョウチョウウオはサンゴを食べてしまうから」です。

自然界では多くのチョウチョウウオがサンゴ礁で生活し、サンゴをエサとして生きています。そのためチョウチョウウオの中にはサンゴ以外はエサとせず、水槽内で人工エサや冷凍エサを与えても餌付かず死んでしまう種も存在します。

つまり、チョウチョウウオを飼育する上でサンゴの存在は必須条件なんです!

しかし自然界では普通のことであっても水槽内ではそうもいきません。せっかく高いお金を支払って購入したサンゴをチョウチョウウオに与えたいと思う方はほとんどいないと思います。

ではサンゴ水槽ではチョウチョウウオの飼育は諦めるしかないのでしょうか。。。

諦めるのはまだ早いです!焦りは禁物!

ではどういった種がサンゴとの共生が可能で、どういった種がサンゴとの共生が不可能なのでしょうか。

次にチョウチョウウオの種別について詳しくお話をします!最後までついてきてくださいね!

 

チョウチョウウオについて

ここでは少し小難しい話で、生物学的な話になります。

チョウチョウウオはスズキ目スズキ亜目の中の「チョウチョウウオ科」に属する種を指します。

そのチョウチョウウオ科には複数の「属」が存在し、そこには全部で100種類以上のチョウチョウウオが所属します。

これらのチョウチョウウオは食性に分けると大きく3種類に分類することができます。

POINT

食性による分類
雑食性・・・サンゴのポリプだけでなく、苔や海藻、小型甲殻類などを食べる
ポリプ食性・・・サンゴのポリプを主食とする
プランクトン食性・・・海水に存在するプランクトンを主食とする

基本的にはこれら3種類のどれに当てはまるかでサンゴとの共生難易度が変わってきます

では次にこれらの種類とサンゴとの共生の可否についてお話したいと思います!

 

食性の違いによるサンゴとの共生

まず前提として、いずれに所属するチョウチョウウオもサンゴとの共生は非常に難しいです。

ただし食性によってはサンゴとの飼育も可能な場合があります。

ここではサンゴとチョウチョウウオが共生するためのポイントについてお話をしたいと思います。

先ほど紹介をしました3種類の食性のうち、雑食性とプランクトン食性に所属するチョウチョウウオはサンゴのポリプ以外にも苔やプランクトンも食べるため、人工エサにも餌付きやすい傾向があります。

そのためサンゴ水槽に入れる前に人工エサに餌付いていれば、サンゴに与える影響を最小限に抑えることができます。常にお腹いっぱいにしてあげるように人工エサを与え、サンゴに意識を向けないようにすることが大切です。

一方、ポリプ食のチョウチョウウオはそうもいきません。

ポリプ食のチョウチョウウオは人工エサに餌付きにくく、サンゴが存在しない空間では長期飼育することが難しい種が多いです。

餌付かせるためにはアサリのむき身から始めて、時間をかけて人工エサに慣れさせる必要があります。 そのためチョウチョウウオの飼育に慣れていないと結局餌付かせることができず死んでしまった、なんてことも珍しくありません。

チョウチョウウオを飼育するのが始めての方は、まずは雑食性のチョウチョウウオから飼育することをオススメします。

POINT

雑食性・・・初心者向け 人工エサに餌付いていればサンゴとの共生も可
プランクトン食性・・・中級者向け 人工エサに餌付いていればサンゴとの共生も可
ポリプ食性・・・上級者向け 人工エサに餌付かせるのが難しく、サンゴに害を及ぼす可能性が高い

 

食害を受けにくいサンゴの種類は?

サンゴには大きく分けてソフトコーラル、LPS、SPSの3種類があります。

その中でチョウチョウウオからの食害を受けやすいのはLPSです。

オオバナサンゴやスコリミアなどは特に害を受けやすく、サンゴの調子が悪かったり共肉欠けなどがある場合、そこから突かれてしまうことが多いです。

また一度食害にあってしまったLPSは萎縮してしまって萎んでしまい、そのまま溶けてしまうこともよくありますので、チョウチョウウオとの共生が避けた方がいいでしょう。

SPSはLPSでないにせよ、ミドリイシなどは食害を受けることが多いです。

しかしLPSとは異なり萎縮することはあまりなく、食害を受けても調子が良ければみるみるうちに回復します。しかし複数のチョウチョウウオを飼育するのは食害の面でも水質の面でも避けるのが無難でしょう。

ソフトコーラルはサンゴの中では比較的食害を受けることが少なく水質悪化にも比較的丈夫なので、最もチョウチョウウオと共生できる可能性の高いサンゴであるといえるでしょう。

POINT

ソフトコーラル・・・食害を受けにくい
LPS・・・食害を受けやすい
SPS・・・食害を受けるが、耐えられる

 

チョウチョウウオの分類とオススメの種類は?

さてここでは実際に普段みなさんが目にするチョウチョウウオがどこに所属するのかをご紹介したいと思います。

雑食性 チョウハン、トゲチョウ、フウライチョウ、ニセフウライチョウ、チョウチョウウオ、スダレチョウ、フエヤッコダイ、ツキチョウ、アケボノチョウ、ミゾレチョウ、セグロチョウ、ハタタテダイ、オニハタタテ、ミナミハタタテブルーストライプバタフライフィッシュ、ゴールデンバタフライフィッシュ 等
ポリプ食性 ハナグロチョウ、ミスジチョウ、ヤスジチョウ、ウミヅキチョウ、ゴールデンストライプバタフライフィッシュ、スミツキトノサマダイ、トノサマダイ、オウギチョウ、コクテンカタギ、レインフォーズバタフライフィッシュ、ミカドチョウ 等
プランクトン食性 カスミチョウ、トンプソンチョウ 等

最後にサンゴと共生できる可能性の高いチョウチョウウオをご紹介したいと思います。

比較的サンゴと上手く共生してくれるのはチョウチョウウオ属の中のロア亜属に所属するチョウチョウウオです!

種類としてはマルケサンバタフライフィッシュ、バーゲスバタフライフィッシュ、ティンカーズバタフライフィッシュ、シラコダイなどがそれに該当します。

通常のチョウチョウウオに比べると高価ではありますが、色も鮮やかで美しく、サンゴ水槽でも食害を起こしにくい種です。

これからサンゴ水槽でチョウチョウウオを飼育しようとお考えの方にはロア亜属のチョウチョウウオをオススメします!

 

おわりに

さて今回はチョウチョウウオとサンゴとの共生についてお話をしました!

繰り返しになりますが、基本的にはサンゴ水槽でのチョウチョウウオの飼育は非常に困難です。

しかしアクアリウムのプロの中にはあえてサンゴ水槽でのチョウチョウウオ飼育にチャレンジする方も多いようで、その共生が叶った時の感動は何事にも変えられないものだそうです!

みなさんもチョウチョウウオとサンゴはダメなんだ・・・と決して諦めることなく、今回の記事を参考にしていただき是非サンゴとチョウチョウウオの共生にチャレンジしてみてください!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【現物5】マルケサスバタフライ 9cm± 粒エサOK! 海水魚 生体 餌付け!15時までのご注文で当日発送【チョウチョウウオ】
価格:24800円(税込、送料別) (2017/11/22時点)










関連記事

  1. 海水魚飼育の厄介者!緑コケや茶コケ予防に最適な方法を紹介!

  2. 水換えはしなくてもいい?海水水槽で水換えの頻度を減らす方法!

  3. 原因はなに?海水魚がストレスを受ける理由と対処方法は!

  4. 海水魚水槽での水換えの頻度は?水換えの量と回数について!

  5. イソギンチャクは移動する生き物!剥がす方法は?餌や水流は必須!?

  6. ハードコーラル(LPS)と混泳可能な海水魚はどんな種類?ハギやヤッコや…

  7. 海水の黄ばみの原因は?水槽が黄ばむ対策方法を徹底解説!

  8. 【初心者必見】混泳講座カクレクマノミ編!スズメダイやヤッコとの混泳は危…

人気記事

  1. 病気・治療法

    海水魚の白点病に大効果!オキシドールの使い方!
  2. 用品・製品

    初心者必見!失敗しないろ材の順番!
  3. マリンアクアリウムの基本

    【必読】これから海水魚飼育を始めたい方はまずこち…
  4. マリンアクアリウムの基本

    【ベスト10】海水魚人気ランキング2018!オス…