チョウチョウウオの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】





どうもヤスです!

今回はチョウチョウウオの中で唯一、科と種名同じの『チョウチョウウオ』のご紹介をしたいと思います!

チョウチョウウオはその名の通りチョウチョウウオの代表種であり、アクアリストからは並チョウと呼ばれ親しまれています。

日本でも本州や房総半島、四国付近でよくみられる種で、自主採取も可能な種です。チョウチョウウオの中では非常にポピュラーな種ですが、以外と長期飼育することは難しく、チョウチョウウオの飼育に慣れた方でも難易度は高いと言われています。

今回はそんなチョウチョウウオをできるだけ長期飼育できるように少しでも参考になればと思います!



 

チョウチョウウオの購入

チョウチョウウオはネットまたはアクリアリウムショップどちらでも購入ができます!

チョウチョウウオについてはできればショップ購入オススメです。チョウチョウウオは餌付きにくさで有名なため、直接ショップで餌付いているかを確認してから購入することを強くオススメします。

できればショップで人工エサにすでに餌付いている場合は、そのショップであげているエサも同時に購入して自宅水槽でも同様にあげるといいでしょう。

 

チョウチョウウオの値段

ネット購入とショップ購入の値段を調べてみましょう!

ネット購入  1,800円
 ショップ購入   2,000円

チョウチョウウオの中では比較的安価な価格です。

基本的に身体の大きさでは値段が変わることはありませんので、できれば身体の大きな個体を購入することをオススメします。

チョウチョウウオは身体がある程度成長すると、水槽内でも比較的安定して飼育することができますので、目安として10cm前後の個体を選ぶといいでしょう。

 

 水温・水質

最も好む温度は24℃です。

チョウチョウウオはある程度の水温変化や水質変化で即死してしまうことはあまりありませんが、環境変化によるストレスですぐに白点病やにかかってしまいます。

環境変化が起きるとすぐにエサを食べてしまうこともありますので飼育環境にはしっかり気を配り、温度は一定に保ち水質も維持できるように定期的な水換えを欠かさず行うようにしましょう。


 

水槽の大きさ

もし長期飼育したいのであれば90cm以上の水槽用意する必要があります

チョウチョウウオを好んで飼育している方の間では有名なことなのですが、チョウチョウウオはある程度水深のある水槽で飼育しないと体型が変化し、初期状態から変化して細長い体型に変化してしまいます。そのためある程度水深のある90cm以上の水槽を用意する必要があります。

どうしても90cm以上の水槽を用意できない場合は、最低でも水深45cmの見込める水槽で飼育することが最低条件だと思ってください。60cm規格の水槽で飼育する場合はできるだけ早く水深のある水槽に移せるように、ある程度90cm水槽の設置の見込みができてから購入するようにしましょう。

体長が最大で25cm前後まで成長することもあり、長期飼育する上では60cm水槽は小さすぎます。長期飼育したいのであれば必ず90cm以上の水槽を用意するようにしましょう。

 

混泳

他種混泳

注意が必要です。

チョウチョウウオは非常に縄張り意識が強く、自分より身体の小さい魚や気の弱い魚がいると追いかけまわしたりすることがあります。もし混泳をするのであればチョウチョウウオよりも身体のでかいヤッコ類やハギ類と混泳させるようにしましょう。

ただしウミウシ系の生物との混泳は避けるようにしましょう。サンゴやイソギンチャク同様に食べてしまうことがあります。

同種混泳

複数飼育は基本的にNGです。

ただしチョウチョウウオは他のチョウチョウウオとは異なり、同種混泳ができる種でもあります。

条件としては同じ身体の大きさで同時に水槽内に入れるということです。この条件を守れば比較的性格のおとなしい種なので、90cm水槽であれば3匹くらい混泳をさせることができます。

ただし他の海水魚同様に混泳に絶対はないので、ライブロックを大量に組んで逃げ込める場所を用意してあげるといいでしょう。

理想を言えば隔離するための水槽を用意してあげるとより安心です。

それ以外のチョウチョウウオと混泳させる場合は水槽に入れるタイミングが同時で体長も同じくらいであれば、アケボノチョウやトゲチョウチョウウオとは意外と混泳がうまくいきます。

サンゴとの混泳

混泳NGです

チョウチョウウオはイソギンチャクやサンゴを餌だと思っているので、必ずつついてしまいます。リーフタンクでの飼育は必ず被害が出てしまいますので混泳は避けましょう。

 

エサ

人工エサには餌付きにくい傾向があります

先ほどもお伝えした通り、基本的には餌付いている個体を購入することがベストです。

もし餌付いていない個体をこれから餌付かせる場合は、初めはアサリのむき身を与えることから始めましょう。人工エサに比べると非常に餌付きやすいため、まずは水槽内環境に慣れさせるためにアサリをあげるといいでしょう。

アサリをあげる場合はある程度時間が経って突かなくなったな〜と思ったら、水を汚す原因になりますので水槽から取り出しましょう。

その後、少しずつ水槽内でエサを食べるようになったら、人工エサも混ぜてあげるといいでしょう。

できるだけ餌付きやすい冷凍エサやチョウチョウウオ向けのエサをあげると人工エサにも餌付きやすくなります。

 

病気

白点病には注意しましょう

水温や水質の変化でストレスを感じてしまい体力が弱ってしまうとすぐに白点病にかかってしまいます。

特に一番病気にかかりやすいのは水槽導入初期です。環境変化からくるストレスで病気になってしまうことがありますので最初の1週間はしっかりと確認してあげるようにしましょう。

またチョウチョウウオは水槽の大きさからくるストレスもありますので、できるだけ大きな水槽で飼育することをオススメします!


 

まとめ

最後にチョウチョウウオについてまとめたいと思います!

値段  1,800円~
水温  24℃
水槽  90cm
協調性  ★★★☆☆
餌付け  ★★★★☆
病気耐性  ★★☆☆☆
飼育難易度  ★★★★☆

 

おわりに

さて今回はチョウチョウウオの代表例の並チョウことチョウチョウウオについてお話をしました!

他のチョウチョウウオに比べて比較的大人しいため、多くの種と混泳させることができます。

ただし長期飼育をするためには90cm以上の水槽を用意し、しっかりと人工エサに餌付く状態にすることが大切です。

また繰り返しになりますが、安定して飼育するために購入する際はある程度成長した身体の大きな個体を購入することをオススメします。

 

その他海水魚の購入はこちらからどうぞ!
 
チャーム本店チャーム本店

チャーム本店チャーム本店

チャーム本店チャーム本店

チャーム本店チャーム本店

チャーム本店チャーム本店

チャーム本店チャーム本店










関連記事

  1. ネッタイスズメダイの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  2. フウライチョウチョウウオの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  3. ハナビラクマノミの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  4. デバスズメダイの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  5. フエヤッコの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  6. ホンソメワケベラの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  7. ナンヨウハギの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  8. ペパーミントシュリンプの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

人気記事

  1. マリンアクアリウムの基本

    【必読】これから海水魚飼育を始めたい方はまずこち…
  2. マリンアクアリウムの基本

    【ベスト10】海水魚人気ランキング2019!オス…
  3. 用品・製品

    初心者必見!失敗しないろ材の順番!
  4. 病気・治療法

    海水魚の白点病に大効果!オキシドールの使い方!