チガイウミアザミの飼育方法!【餌・水流・水質・光・毒・通販】





どうもヤスです!

今回はサンゴの中でも非常に種類の多いウミアザミの一種『チガイウミアザミ』についてお話をしたいと思います!

チガイウミアザミはウミアザミ種の中でも一番の人気種で、ポリプのひとつひとつが花のようにキレイな種です。



 

チガイウミアザミの分類

チガイウミアザミはサンゴの中のソフトコーラルと呼ばれる区分に分類されます。

ソフトコーラルは初心者向けのサンゴとしてオススメできるものが多く、飼育が比較的簡単なものが多いのが特徴です。しかしここで注意すべき点は、ソフトコーラルに区分されているものでも種別ごとに好みの光の強さや水流が異なることです。

サンゴについての詳しい説明はこちらをご覧ください。

 

 

チガイウミアザミの購入・値段

チガイウミアザミはネットまたはアクアリウムショップで購入することができます。

ソフトコーラルは水質変化に強いのが特徴ですが、チガイウミアザミは他のソフトコーラルとは異なり、環境によっては弱ってしまうことも多々あり、輸送中に衰弱してしまうこともあります。

そのためチガイウミアザミの購入はできればショップで直接購入することをオススメします。値段は以下の通りになります。

ネット購入 3,000~6,000円
ショップ購入 4,000~7,000円

チガイウミアザミは個体の大きさや色合い、産地によって値段が変わります。

チガイウミアザミは販売されている個体はすでに比較的大きいものが多く、そのため値段も高い個体が多いです。

購入時は個体が傷ついていないことを確認し、ポリプの茎の部分が折れていないものを購入しましょう。


 

 

チガイウミアザミの飼育環境


ではチガイウミアザミの好む飼育環境について確認をしてみましょう!

 

水質耐性

水質変化には比較的丈夫な種です。

水槽導入時の水合わせの際にしっかり対応すれば、長期的な飼育ができる種だと思います。

チガイウミアザミ以外の生物の飼育数や種類によっては外部フィルターでも飼育が可能な場合もありますが、チガイウミアザミ以外にもサンゴや海水魚を混泳させる場合には基本的にオーバーフロー水槽での飼育がオススメです。

また水質変化の激しくなる60cm以下の水槽では飼育は難しいと思いますので、できれば90cm以上の水槽をオススメします!

サンゴに最適な水質についてはこちらをご覧ください!

 

光の強さ

比較的強い光が必要です。

ソフトコーラルなので、栄養は光合成によって得ます。

比較的大型なものが多く、茎が長い個体は多くの栄養が必要となりますので、照明は強めにする必要があります。

できればメタハラを照明として使用することをオススメしますが、好日性トサカほどシビアではありませんので、LED2灯でも飼育は可能です。

 

水流の強さ

強い水流が望ましいでしょう

チガイウミアザミは茎の付け根部分に汚れが溜まりやすく、その汚れに反応してポリプが短くなってしまうことが多いようです。ポリプが常に揺れるような波を水槽内に起こしてあげて汚れが溜まらないようにすることが大切です。

水流の作り方についてはこちらをご覧ください!

 

給餌の必要性

給餌は基本的には必要ありません。

ただし光合成で十分な栄養を得られない場合は、細ってしまうことがありますので、2週間~1ヶ月に一度くらいリキッドタイプのサンゴフードをあげるとよいでしょう。

チガイウミアザミはポリプをよくパクパクさせるんですが、これは何か調子が悪くてやっているのではなく、酸素が水槽に豊富にある時など水質環境が良い時にする運動だそうです。

もし今飼育されているウミアザミがパクパクしているようであれば、それは水質環境が良い証拠だと思ってください。それ以外にも餌を感知したときにもパクパクすることがあるそうです。

念には念を入れて、各メーカー(レッドシーやゼオビット系)から販売されている添加剤を使用して、カルシウムやマグネシウムなど、必要な元素が常に一定量海水に含まれているように調整しましょう。

添加剤についてはこちらをご覧ください。

 

飼育環境まとめ

ではチガイウミアザミの飼育環境についてまとめたいと思います。

項目  弱ーーーーーーーー強
水質耐性  □□■■■■□□□□
光の強さ  □□□□■■■□□
水流の強さ  □□□□□■■■□□
給餌の必要性  □□□□□□□□□
飼育難易度  □□□■■■□□

 

 

カラーバリエーション

あまり種類はありません。

基本的には淡い色の個体が多く、白、薄紫、薄橙色が多いようです。



 

 

毒性

ほとんど毒はありません

他の毒性の強いサンゴやイソギンチャクと接触してしまうと毒にやられてしまう可能性がありますので、スペースには余裕をもって設置するようにしましょう!

 

 

 

海水魚との相性

チョウチョウウオとケントロピーゲ亜属のヤッコには食害を受けることがありますので混泳は避けましょう。

その他のヤッコやハギ類は基本的には無害だと思いますので、混泳しても問題ないかと思います。

海水魚との混泳についてはこちらをご覧ください!

 

 

温度

適温は24℃~27℃です。

海水魚と混泳をさせる場合は25℃に設定することをオススメします。高温にも比較的耐えてくれる種ではありますが、いい影響はありませんので、できるだけ25℃前後で水温を保つようにしましょう。

 

 

おわりに

さてさて今回はソフトコーラルの一種、チガイウミアザミについてお話をしました!

チガイウミアザミはソフトコーラルの中では飼育の難しい種とされています。まずはディスクコーラルや好日性トサカなど飼育しやすい種から飼育をし、水槽が安定してきた際にチガイウミアザミを飼育することをオススメします!











関連記事

  1. 【サーキュレーション】サンゴ飼育に必要な水流の作り方は?水流ポンプのオ…

  2. マメスナギンチャクの飼育方法!【餌・水流・水質・光・毒・通販】

  3. ハナガタサンゴの飼育方法!【餌・水流・水質・光・毒・通販】

  4. サンゴってどんな生き物?珊瑚の正体について!

  5. ナグラカタトサカ飼育方法!【餌・水流・水質・光・毒・通販】

  6. コハナガタサンゴの飼育方法!【餌・水流・水質・光・毒・通販】

  7. カクオオトゲキクメイシの飼育方法!【餌・水流・水質・光・毒・通販】

  8. 深場ミドリイシの飼育方法!【餌・水流・水質・照明・毒・通販】

人気記事

  1. 病気・治療法

    海水魚の白点病に大効果!オキシドールの使い方!
  2. マリンアクアリウムの基本

    【ベスト10】海水魚人気ランキング2021!オス…
  3. 用品・製品

    初心者必見!失敗しないろ材の順番!
  4. マリンアクアリウムの基本

    【必読】これから海水魚飼育を始めたい方はまずこち…