タテジマキンチャクダイの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】





どうもヤスです!

今回は大型ヤッコの代表種でもある『タテジマキンチャクダイ』についてお話をしたいと思います。

タテジマキンチャクダイは幼魚の頃と見た目が全く違い、成長するにつれて大きく変化してきます。幼魚の頃は以下の画像のような見た目をしており、青の体色に白の渦巻き型の模様があります。この見た目からタテジマキンチャクダイの幼魚は『ウズマキ』と呼ばれています。

引用:チャーム『ウズマキヤッコ』

 

そして成長すると大型ヤッコで有名な以下の見た目の『タテジマキンチャクダイ』になります。ちなみにその間の成長過程は『ウズキン』と呼ばれており、見た目もちょうど2つの間のような見た目をしています。

引用:チャーム『タテジマキンチャクダイ』

 

ウズマキからタテジマキンチャクダイに成長するまでに約2年かかり、時間をかけてゆっくりと模様が変わっていく様子は見ていて楽しいと思います。



 

タテジマキンチャクダイの購入

ネットまたはアクリアリウムショップどちらでも購入ができます!

タテジマキンチャクダイは幼魚の場合はどちらで購入してもいいかと思いますが、成魚になってから購入する場合はショップで直接見て購入した方がいいかと思います。

成魚になると頻繁に体表に炎症を起こすようになるため、できるだけストレスを与えないようにした方が良いでしょう。また成長するにつれて価格も上がりますので、できれば質のいい個体を自分で見極めて購入する方が良いでしょう。

 

タテジマキンチャクダイの値段

ネット購入とショップ購入の値段を調べてみましょう!

ネット購入  3,000〜27,000円
 ショップ購入   5,000〜40,000円

価格は『ウズマキ』『ウズキン』『タテジマキンチャクダイ』のどの状態かで値段が変わってきます。また産地によって見た目が異なり、それによって値段も変わってくることがあります。

太平洋産は背びれが後ろに伸びますが、インド洋産は背びれは伸びない見た目をしています。ただし価格にさほど差はありませんので、お好きな見た目の方を選ぶと良いかと思います。

 

 水温・水質

最も好む温度は25℃です。

ヤッコなので水質変化・水温変化には敏感です。特に夏場や冬場の温度変化や、急激な水質悪化が起きてしまうと白点病などの病気にかかりやすくなってしまいます。

成魚はより敏感になる気がするので、タテジマキンチャクダイ飼育する場合はヒーターだけではなく、必ずクーラーも設置するようにしましょう。


水槽の大きさ

最低でも90cmの水槽を用意するようにしましょう。

幼魚のウズマキの場合は60cmでも飼育は可能ですが、今後大型に成長していくことを考えると最低でも90cm水槽は必要です。

タテジマキンチャクダイは最大で35cm前後まで成長するため、理想を言えば120cm規格の水槽が望ましいでしょう。

 

混泳

他種混泳

タテジマキンチャクダイは他種との混泳は基本的には可能です

水槽が狭い場合、ライブロック付近にテリトリーを持つ海水魚を追い回したりすることもありますが、90cm以上の水槽であればほとんど問題なく混泳できると思います。

同種混泳

基本的に複数飼育はNGな種です。

大型種同士の混泳はもちろんのこと、ヤッコの混泳も避けるようにした方が良いでしょう。ただし身体の大きさに差がある場合はあまり喧嘩になりませんので、ライブロックなどの隠れられる場所がある場合は混泳も可能です。

自然界では稀にペアで生活していることもありますが、水槽の中でペアにするのはまず困難なため、単独で飼育するようにしましょう。

サンゴとの混泳

サンゴとの混泳はNGです。

タテジマキンチャクダイはサンゴを餌と認識してしまうため、サンゴに食害を及ぼしてしまうことが多いです。

しっかり餌付いていて、常にある程度お腹いっぱいの状態にできれば大丈夫だったり、サンゴの味を覚えていなければ問題なかったりと必ずしもサンゴを飼育できないかというとそうとも言い切れないのですが、お腹が空いているとスターポリプなどを食べてしまうことがありますので、できれば混泳は避けた方がいいでしょう。

サンゴについての基本的な情報はこちらをご覧ください。


 

エサ

冷凍エサも人工エサもしっかり食べます

ただし水質や水温にストレスを感じてしまうと、他のヤッコ同様にエサを食べなくなってしまうことがありますので注意しましょう。

もしあまり人口エサを食べないようであれば、シュリンプ系のエサを与えてあげると徐々に食べてくれるようになります。

 

病気

病気には強くありません。

水温変化や水質変化にはストレスを感じやすく、それが原因で白点病やリムフォシスティス病かかってしまうことが多いです。

また水温・水質以外にも水槽が狭い場合は、その環境からストレスを受けることもありますので注意しましょう。

水槽への導入初期は病気にかかりやすいですので、最初の一週間はしっかり様子をみてあげましょう。


まとめ

最後にタテジマキンチャクダイについてまとめたいと思います!

値段  3,000円~
水温  25℃
水槽  90cm~
協調性  ★★★☆☆
餌付け  ★★★☆☆
病気耐性  ★★☆☆☆
飼育難易度  ★★★☆☆

 

おわりに

さてさて今回は大型ヤッコの中でも非常に人気な種のタテジマキンチャクダイについてお話をしました!

タテジマキンチャクダイは飼育難易度的にはあまり高くはありませんが、大型海水魚は通常の海水魚よりも海水の汚れる速度が速かったり、エサが多く必要だったりと気を使わないといけない点が多くなります。

また小型海水魚よりも水質変化、水温変化にはしっかりと注意し、病気には注意して飼育をするようにしましょう!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

<オータムセール>大特価です♪タテジマキンチャクダイ 13-15cm前後【1匹】【海水魚】(15時までのご注文で当日発送可能です)
価格:9504円(税込、送料別) (2017/10/11時点)

 

その他海水魚の購入はこちらからどうぞ!
 
チャーム本店チャーム本店

チャーム本店チャーム本店

チャーム本店チャーム本店

チャーム本店チャーム本店

チャーム本店チャーム本店

チャーム本店チャーム本店










関連記事

  1. シマヤッコの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  2. インディアンフレームアンティアスの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サ…

  3. ニシキテッポウエビの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  4. スプリンガーズダムセルの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  5. ハタタテダイの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  6. ニセモチノウオの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  7. ハタタテハゼの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  8. クレナイニセスズメの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

人気記事

  1. マリンアクアリウムの基本

    【ベスト10】海水魚人気ランキング2019!オス…
  2. 病気・治療法

    海水魚の白点病に大効果!オキシドールの使い方!
  3. マリンアクアリウムの基本

    【必読】これから海水魚飼育を始めたい方はまずこち…
  4. 用品・製品

    初心者必見!失敗しないろ材の順番!