サンゴイソギンチャクの飼育方法!【餌・水流・水質・光・毒・クマノミ】





どうもヤスです!

今回はイソギンチャクの中でも非常に有名な『サンゴイソギンチャク』についてお話をしたいと思います。

イソギンチャクはサンゴ同様に比較的厳しい飼育環境を必要とされ、初心者の方では飼育は難しいとされています。ハードコーラルまではいかないにせよ、ソフトコーラルを飼育できるだけの飼育環境は必須です。

サンゴイソギンチャクは他のイソギンチャクに比べると丈夫ではありますが、海水魚ほど水質に対して耐性があるわけではありません。飼育環境には十分注意して飼育しましょう。



 

サンゴイソギンチャクについて

サンゴイソギンチャクは先端が膨らむタイプの触手を持つイソギンチャクで、最も丈夫な部類に入る飼いやすい種類です。

タマイダタダキイソギンチャクと見た目が非常に似ているため、区別が難しくどちらに分類するべきか難しいものがあります。一般的には触手の先端が乳首状の形をしていて、ピンク色のものをサンゴイソギンチャクと、丸いものをタマイタダキイソギンチャクと区別します。

カラーバリエーションは比較的多く、褐色系をベースに蛍光グリーンやレッドになる美しい体色のものも存在します。

 

 

サンゴイソギンチャクの購入・値段

サンゴイソギンチャクはネットまたはアクアリウムショップで購入することができます。

サンゴイソギンチャクが比較的丈夫な種ですので、ネットでもショップでもどちらで購入しても問題ないと思います。ただし水質変化には非常に敏感な生き物のため、できればショップで購入した方がいいでしょう。

またできれば国産の個体を購入することをオススメします。外国産の個体は薬物を使用して採取していることが多いですので、入荷時点で弱ってしまっていることが多いです。

値段は以下の通りになります。

ネット購入 1,000~2,000円
ショップ購入 1,800~3,800円

イソギンチャクの中では最も安い部類の種です。

安価かつ丈夫な種のため、初心者の方でもオススメできる種です。イソギンチャクは大型になればなるほど飼育が難しくなりますので、初めてイソギンチャクを飼育する方は小型の個体から飼育することをオススメします。



 

サンゴイソギンチャクの飼育環境

サンゴイソギンチャクの好む飼育環境について確認をしてみましょう!

 

水質耐性

比較的丈夫な種です。

ただし飼育環境はオーバーフロー水槽での飼育が基本になります。あまり海水魚を飼育しないのであれば、外部フィルターでも問題なく飼育することができます。

ただし硝酸塩の蓄積には注意が必要です。そのためプロテインスキマーは必須だと思ってください。できれば内部式プロテインスキマーの設置が理想ですが、難しければマメスキマーとタンパク質除去マットを合わせて使用する形でも飼育はできます。

60cm以下の水槽であればギリギリマメスキマーだけでも飼育できると思いますが、その際は海水魚は1〜2匹程度に抑え、2週間に1回は水換えをするようにしましょう。

 

光の強さ

光はLED照明で十分飼育可能です。

ただしできれば20W前後のLEDを2灯ほど用意するといいでしょう。色はブルーとホワイトの2色のものがオススメです。

メタハラでは光が強すぎることが多いですので、蛍光灯またはLED照明で飼育するようにしましょう。

 

水流の強さ

弱めの水流をランダムに起こすようにしましょう

強い水流はストレスになってしまうことが多いです。触手全体が軽く揺れる程度の波を起こせるように水流ポンプをセットしましょう。

大型のイソギンチャクは水流が原因で弱ってしまうことが非常に多いです。全体的にしっかりと揺れるように水流を設定しないとストレスを感じてしまい、弱ってしまうことが非常に多いです。

イソギンチャクの状況を確認して、少し嫌がっているような様子が確認できるようであれば水流の向きを変えたり、強さを変えてみるといいでしょう。

水流の作り方についてはこちらをご覧ください!

 

給餌の必要性

基本的には与える必要はありません

イソギンチャクは体内に褐虫藻を飼育しており、褐虫藻が光合成で得るエネルギーを利用して生きています。そのため光が適切な強さであれば餌はあげる必要はありません。

触手が縮んで戻らない場合は、栄養が足りていないことが原因の場合が多いですので、その際は光を強くするなど工夫をしてみましょう。それでも戻らない場合はエビやアサリのむき身などを細かく刻んで与えるようにするといいでしょう。

ただし成長に必須なビタミン剤などは与えた方がいいでしょう。

飼育環境まとめ

ではサンゴイソギンチャクの飼育環境についてまとめたいと思います。

項目  弱ーーーーーーーー強
水質耐性  □□■■■□□□□
光の強さ  □□■■■■□□
水流の強さ  □■■□□□□□□
給餌の必要性  □□□□□□□□□
飼育難易度  □■■■■□□□

 

 

サンゴイソギンチャクの移動

イソギンチャクの中では比較的動き回る種です。

そのためサンゴを飼育している水槽などではサンゴイソギンチャクの移動で落下してしまうことがあるため、できるだけ最初から好みの場所にセットする必要があります。

サンゴイソギンチャクの好みの場所はガラス面やライブロック表面です。なのでまずはライブロックの活着しやすい場所においてあげるといいかもしれません。気に入らないと移動してしまいますので、最初のうちは少し観察してあげるといいでしょう。

 

 

毒性

毒はあまり強くありません

そのためハタゴイソギンチャクやイボハタゴイソギンチャクのような毒性の強いイソギンチャクとの接触には注意しましょう。接触してしまうと毒性の弱いサンゴイソギンチャクは死んでしまいますので、接触しないように設置場所を選ぶようにしましょう。



 

クマノミとの相性


サンゴイソギンチャクと相性のいいクマノミは、セジロクマノミハマクマノミです。

カクレクマノミも個体によっては入ってくれることもあります。私が飼育していたカクレクマノミはサンゴイソギンチャクにも入ってくれましたが、ハマクマノミなどに比べると入ってくれる可能性は低いようです。

また入るというよりかは身体をすりつけるような様子を見せることが多いため、あまり共生しているようには見えないかもしれません。

 

 

温度

適温は27℃~29℃です。

イソギンチャクは海水魚に比べて高温を好む傾向があります。外国産のイソギンチャクは30℃近くになっても元気にしていることが多く、むしろ低温よりも元気に開いていることが多いです。

国産のイソギンチャクは外国産のイソギンチャクほど高い水温は好まず、27℃くらいの水温を好む傾向があります。

そのため夏場の高温にも比較的耐えることができますが、冬場の低温には体調を崩してしまうことが非常に多いですので、ヒーターは必ず設置するようにしましょう。

 

 

おわりに

さてさて今回はサンゴイソギンチャクについてお話をしました!

サンゴイソギンチャクは丈夫で、高温にも耐えられる種のため、初心者の方にもオススメできるイソギンチャクです。初めてイソギンチャクを飼育する方はまずサンゴイソギンチャクを飼育してみるといいかもしれません。

もしサンゴイソギンチャク元気に飼育できるようであれば、ハタゴイソギンチャクのようなイソギンチャクの飼育にもチャレンジしてみましょう!










関連記事

  1. 【初心者必見】イソギンチャクの基本知識!飼育に必要な環境や注意点は?

  2. 【サーキュレーション】サンゴ飼育に必要な水流の作り方は?水流ポンプのオ…

  3. イソギンチャクは移動する生き物!剥がす方法は?餌や水流は必須!?

  4. シライトイソギンチャクの飼育方法!【餌・水流・水質・光・毒・クマノミ】…

  5. 海水が蒸発してしまった時の対処方法は?飼育水を補給するための正しい方法…

  6. タマイタダキイソギンチャクの飼育方法!【餌・水流・水質・光・毒・クマノ…

  7. センジュイソギンチャクの飼育方法!【餌・水流・水質・光・毒・クマノミ】…

  8. イボハタゴイソギンチャクの飼育方法!【餌・水流・水質・光・毒・クマノミ…

人気記事

  1. 用品・製品

    初心者必見!失敗しないろ材の順番!
  2. マリンアクアリウムの基本

    【必読】これから海水魚飼育を始めたい方はまずこち…
  3. 病気・治療法

    海水魚の白点病に大効果!オキシドールの使い方!
  4. マリンアクアリウムの基本

    【ベスト10】海水魚人気ランキング2021!オス…