サルファーダムセルの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】





どうもヤスです。

さて今回は黄色のボディが美しい『サルファーダムセル』についてお話をしたいと思います。

サルファーダムセルは全身が鮮やかな黄色の体色をしており、スズメダイの中では比較的大型の種です。最大で15cm弱まで成長することもありますので、ある程度大き目の水槽を用意してあげるといいでしょう。

サムファーダムセルは非常に性格がキツいことで有名です。混泳させる海水魚には注意して飼育するようにしましょう。



 

サルファーダムセルの購入

サルファーダムセルはネットまたはアクリアリウムショップどちらでも購入ができます!

サルファーダムセルについてはネット購入でもショップ購入でもどちらでも大丈夫です。非常に丈夫な個体のため、輸送中に弱ることもほとんどありません。

ただしデバスズメダイやルリスズメダイに比べると入荷量が少ないため、すぐに飼育したい方はネット購入をオススメします。

 

サルファーダムセルの値段

ネット購入とショップ購入の値段を調べてみましょう!

ネット購入  3,300円
 ショップ購入   2,800円

スズメダイの中では非常に高価な種です。

価格は調べましたが価格幅が広く上記の金額もその時々で変化していますのであまりあてにはならないかもしれません。

スズメダイは複数で飼育することが多い種ですが、サルファーダムセルは非常にキツい性格のため、混泳することは難しいので単独飼育になります。そのため基本的にはスズメダイではなくヤッコやハギ類などの他の海水魚を購入する感覚で購入していただくのがいいと思います。

 

 水温・水質

最も好む温度は25℃です。

水温変化や水質変化には比較的強く、夏場や冬場の温度変化にも耐えられる強さを持っています。比重や有害物質にもある程度耐性を持っていますが、あまりにも飼育環境が悪化すると病気になってしまう可能性がありますのでしいくかんきょうには十分注意を払いましょう。


水槽の大きさ

45cm水槽以上の水槽が望ましいでしょう。

最大体長は15cmくらいまで成長することもあるため、30cmの水槽ではのちのち手狭になってしまうことが考えられます。できれば最初から大きめの水槽を用意することが望ましいでしょう。

他の海水魚と混泳させる場合は遊泳スペースに余裕を持たせなければなりません。サルファーダムセルは非常に性格がキツいですので、混泳をさせる予定があるのであれば60cm以上の水槽を用意するようにしましょう。

 

混泳

他種混泳

混泳には注意をしましょう

サルファーダムセルは非常に性格がキツいため、おとなしい海水魚はいじめられてしまう可能性が非常に高いです。また成魚になるとある程度身体も大きくなるため、身体の小さなヤッコなどもいじめられてしまう可能性があります。

混泳するのであればナンヨウハギくらい身体の大きな海水魚や同格以上のヤッコと混泳させるのがいいでしょう。ただし基本的にはあまり混泳には向かない種です。

同種混泳

混泳は難しいでしょう

サルファーダムセルはスズメダイの中でも性格がキツい方なので、同種で混泳すると混泳させた海水魚が徹底的にいじめられてしまいます。また複数飼育も難しいですので単独飼育をするのをオススメします。

どうしても同種で混泳をさせたい場合はライブロックを大量に組んで隠れられる場所をたくさん作るか、または混泳させるスズメダイを群れで飼育するといいでしょう。

サンゴとの混泳

混泳可能です

サルファーダムセルはサンゴに食害を与えることはありませんので混泳しても問題ありません。特にSPSサンゴの場合、激しく泳ぎ回るローランドダムセルのおかげで水流ができるため、強い水流を求めるSPSにとってもメリットがあります。

 

エサ

餌付けやすい種です

サルファーダムセルは他のスズメダイ同様、餌付けしやすい種ですのですぐに人工エサも食べてくれるようになります。

人工エサはメガバイトレッドがオススメですが、それでもなかなか食べない場合は飼育環境に問題がある可能性が高いです。有害物質の蓄積量や比重、水温のチェックをしてみましょう。

 

病気

病気には非常に強いです

一般的なの飼育環境であれば基本的には病気にはかからないと思います。白点病にも非常に強いため初心者の方にもオススメできる種です。ただし飼育環境があまりにも悪化していると当然病気にかかってしまうことも多いですので注意しましょう。


まとめ

最後にサルファーダムセルについてまとめたいと思います!

値段  2,800円~
水温  25℃
水槽  45cm
協調性  ★★☆☆☆
餌付け  ★★★★★
病気耐性  ★★★★★
飼育難易度  ★★★☆☆

 

おわりに

さて今回はサルファーダムセルについてお話をしました!

サルファーダムセルは他のスズメダイ同様丈夫で病気にも強いため、飼育は容易ですが混泳が非常に難しいため飼育難易度は高めに設定しました。

基本的に大型の海水魚であれば混泳しても問題はありませんが、同種やおとなしい海水魚との混泳はあまりオススメできません。海水魚ではなくサンゴ水槽での飼育が向いている種かもしれませんね。

 

その他海水魚の購入はこちらからどうぞ!
 
チャーム本店チャーム本店

チャーム本店チャーム本店

チャーム本店チャーム本店

チャーム本店チャーム本店

チャーム本店チャーム本店

チャーム本店チャーム本店










関連記事

  1. ハリセンボンの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  2. ネッタイスズメダイの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  3. フレームエンゼルの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  4. ヤマブキスズメダイの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  5. キャメルシュリンプの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  6. ホワイトソックスの稚魚が誕生!生まれた水槽の環境条件についてお伝えをし…

  7. ナンヨウハギの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  8. アカハチハゼの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

人気記事

  1. マリンアクアリウムの基本

    【ベスト10】海水魚人気ランキング2020!オス…
  2. 用品・製品

    初心者必見!失敗しないろ材の順番!
  3. 病気・治療法

    海水魚の白点病に大効果!オキシドールの使い方!
  4. マリンアクアリウムの基本

    【必読】これから海水魚飼育を始めたい方はまずこち…