クレナイニセスズメの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】





どうもヤスです!

今回は紫一色の体色が非常に美しいクレナイニセスズメの紹介をしたいと思います!

クレナイニセスズメは昔からマリンアクアリウムに馴染みのある人気種で、非常に丈夫な種のため初心者の方でも安心して飼育することができる種です。

しかしその美しい見た目に反して非常にキツい性格をしているため、混泳する海水魚には注意する必要があります。底砂付近を縄張りにすることが多いので、できれば水中を泳ぎまわっている種と混泳すると比較的仲良くしてくれることが多いです。

今回はそんなクレナイニセスズメについてご紹介したいと思います!



 

クレナイニセスズメの購入

ネットまたはアクリアリウムショップどちらでも購入ができます!

クレナイニセスズメの場合、非常に丈夫なのでネット購入でも問題ないと思います。特に見た目で気をつけないところもないと思うので、細かい見た目にこだわらなければネット購入がオススメです。

クレナイニセスズメはショップ入荷も多い種ですので、直接ショップに行って購入するのもいいかと思います。大きさや細かい見た目にこだわる方はショップでの購入をオススメします。

 

クレナイニセスズメの値段

ネット購入とショップ購入の値段を調べてみましょう!

ネット購入  500円
 ショップ購入   980円

どちらも非常に安価ですね。

この値段であれば正直ショップ1択ではないかと思います。ネット購入の場合は送料がかかりますので、複数飼育したりアクアリウム用品を合わせて購入する予定がない方は高くついてしまう可能性があります。

また基本的には複数飼育も困難な種ですので複数購入はしないかと思いますし、ショップの入荷数も比較的多いので特に入荷を待たずして購入することができるのではないかと思うのでショップ購入がオススメです。

 

 水温・水質

最も好む温度は24℃です。

クレナイニセスズメは環境変化には比較的強い種のため、多少の温度変化や水質変化は問題ありません。

ちょっとやそっとの環境変化では悪い影響は見られませんが、夏場の温度上昇には若干弱い傾向がある気がします。そのためできるだけクーラーや冷却ファンは設置してあげることをオススメします。



 

水槽の大きさ

単体であれば30cm水槽でも十分飼育可能です。

体もそこまで大きくなりませんので、クレナイニセスズメだけを飼育するのであれば30cm水槽でも問題なく飼育することができます。

ただし他種と混泳する場合は大きい水槽が必要です。クレナイニセスズメは性格がキツいので狭い水槽に一緒に飼育をしてしまうとおとなしい海水魚はいじめられてしまう可能性があります。

もし他種と混泳させる場合は余裕を持って60cm規格の水槽を用意することをオススメします!

 

混泳

他種混泳

混泳には向いていません

先にご説明した通りクレナイニセスズメは非常に性格のキツい種のため、ハナダイやテンジクダイなどのおとなしい海水魚はいじめられてしまう可能性が高いです。

また底砂付近にテリトリーを持つ海水魚と混泳をさせてしまうと喧嘩をしてしまいます。ルリスズメダイやヤッコ、ハゼ各種との混泳は注意する必要があります。

混泳するのであればカクレクマノミやハギ類などの体の大きな海水魚との混泳をオススメします!

同種混泳

混泳NGです

先にご説明した通りクレナイニセスズメは非常に縄張り意識の高い種ですので、同種で混泳をしてしまうと必ずと言っていいほど喧嘩になります。

クレナイニセスズメだけではなくバイカラードティーバックやオーキッドドティーバックなどニセスズメ系との混泳は大型水槽でない限りは避けるようにしましょう!

サンゴとの混泳

全く問題ありません

サンゴに食害を及ぼすこともありませんし、遊泳によるストレスをサンゴに与えることもありません。海水魚よりもサンゴとの混泳に向いている種であると言えるでしょう。

ただしライブロックの下の底砂を掘って縄張りとすることもあるため、ライブロックが崩れないようにしっかりと組み合わせる必要があります。底砂の上にライブロックを組むのではなく、最初にライブロックを組んでから底砂を敷くようにしましょう!

 

エサ


人工エサ、冷凍エサ両方とも好んで食べます

スズメダイ同様に食べられるものはなんでも食べますので、エサの種類は選びません。

ただ水槽に入れたばかりの頃は怯えてあまりライブロック付近から出てこない場合もありますので、しっかりとエサが行き渡るように沈降性のエサをあげるといいかもしれません。

 

病気

病気には比較的強い種類です

スズメダイ同様に環境変化にも強いため、病気にもかかりにくいようです。

ただしあまりにも飼育環境がひどかったり、ヒレに傷を負っていたりすると、菌が体内に侵入してしまい白点病などになってしまうこともあります。

丈夫であるとはいえ、水質には十分注意を払い元気に飼育できるように心がけましょう!


 

まとめ

最後にクレナイニセスズメについてまとめたいと思います!

値段  500円
水温  24℃
水槽  30cm
協調性  ★☆☆☆☆
餌付け  ★★★★★
病気耐性  ★★★★★
飼育難易度  ★☆☆☆☆

 

おわりに

さてさて今回は紫一色の体色が非常に美しいクレナイニセスズメの紹介をしました!

クレナイニセスズメはその非常に美しい見た目をしているため、海水魚との混泳でもサンゴとの混泳でもどちらでも目立ちます。

しかし性格が非常にキツいため、海水魚よりもサンゴとの混泳の方が向いているかもしれません。クレナイニセスズメを購入する際は今飼育している海水魚との相性を確認した上で購入するようにしましょう!

 

 

その他海水魚の購入はこちらからどうぞ!
 

チャーム本店チャーム本店チャーム本店チャーム本店チャーム本店チャーム本店チャーム本店チャーム本店チャーム本店チャーム本店チャーム本店チャーム本店
 









関連記事

  1. ヘコアユの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  2. テングカワハギの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  3. ギンガハゼの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  4. トゲチョウチョウウオの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  5. ペパーミントシュリンプの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  6. キイロハギの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  7. ハナビラクマノミの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  8. スプリンガーズダムセルの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

人気記事

  1. 病気・治療法

    海水魚の白点病に大効果!オキシドールの使い方!
  2. マリンアクアリウムの基本

    【必読】これから海水魚飼育を始めたい方はまずこち…
  3. マリンアクアリウムの基本

    【ベスト10】海水魚人気ランキング2018!オス…
  4. 用品・製品

    初心者必見!失敗しないろ材の順番!