ギンガハゼの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】





どうもヤスです!

今回はテッポウエビと共生することで有名なギンガハゼの紹介をしたいと思います!

ギンガハゼは黄色の身体に水色のドット柄が星空のように綺麗なことから由来し、この名前が名付けられました。ギンガハゼには主に2種類あり、美しい黄色の個体と白の個体があります。

通常販売されているのは黄色の個体がほとんどですが、黄色の個体の方が底砂に潜った時に体色が美しく映えますので非常にオススメです。



 

ギンガハゼの購入

ネットまたはアクリアリウムショップどちらでも購入ができます!

ギンガハゼの場合、丈夫なのでネット購入でも問題ないと思います。特に見た目で気をつけないところもないと思うので、細かい見た目にこだわらなければネット購入がオススメです。

水槽の大きさによってはあまり大きな個体だとギンガハゼにとってもストレスになってしまうことがあります。ネット購入は個体の大きさは選べないことがほとんどなので、その場合はショップ購入にしましょう。

 

ギンガハゼの値段

ネット購入とショップ購入の値段を調べてみましょう!

ネット購入  1,800円
 ショップ購入   1,600円

あまり差はありませんね。

私の感覚ですがショップにてギンガハゼを見る回数はあまり多くない気がします。そのため若干金額に差はありますが、すぐにでも購入したい方はネットの方がいいと思います。

また複数飼育を考えている場合は、ネットではセット販売で安くなることがありますので、その場合にもネット購入はオススメです。

 

 水温・水質

最も好む温度は24℃です。

ギンガハゼは環境変化には比較的強い種のため、多少の温度変化や水質変化は問題ありません。

ただし水質が悪化してしまうと動きが鈍くなり、餌を食べなくなる傾向があるためすぐに衰弱してしまう可能性があります。

アンモニアや亜硝酸塩などはもちろんのこと、硝酸塩などの物質が蓄積しないように定期的な水換えを行うようにしましょう。


 

水槽の大きさ

単体であれば30cm水槽でも十分飼育可能です。

 

ギンガハゼは底砂の中で生活する種ですので、ギンガハゼ同様に底砂にテリトリーを持つ種と混泳しない場合は30cmでも可能です。

ハタタテハゼやクマノミなど水中を泳ぎまわる種類であれば特に問題なく一緒に飼育することができますが、複数飼育をすると水質悪化に影響が出てしまいますので、ギンガハゼ以外と飼育する場合は45cm以上の水槽は用意するようにしましょう。

またギンガハゼとテッポウエビを共生させる場合は底砂に巣を作る習性があるため、大小入り混じった底砂を使用するようにしましょう。パウダー系の底砂の場合は巣穴を安定させることが難しいので、粒状の底砂を使うようにしましょう。

 

混泳

他種混泳

底砂に生活する種ではなく通常の水中で生活する種であれば、特に問題なく混泳することが可能です。

クマノミやハギ、ヤッコ類との混泳は特に問題なくすることができますが、スズメダイとの混泳には注意が必要です。

デバスズメダイなど水中で生活する種であれば問題ありませんが、ルリスズメダイやアレンズダムセルなどライブロックと底砂の間に穴を掘って生活する種との混泳は避けましょう。

ギンガハゼはテッポウエビとの混泳が非常に有名です。

テッポウエビが作った巣穴に共生することで有名で、お互いが役割を持って生活をしています。テッポウエビが巣穴を作っている時にギンガハゼはその入り口で敵が来ないか見張っています。

ギンガハゼを飼育する方はこの共生を見るために飼育している方も多く、見ていて飽きません。ギンガハゼを飼育する際は是非テッポウエビと混泳してみてください!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

(海水魚 エビ)ニシキテッポウエビ(1匹) 北海道航空便要保温
価格:1800円(税込、送料別) (2017/11/19時点)

同種混泳

同種混泳はNGです

同種間では特に争いをすることが多いため、単独またはペアで飼育をするようにしましょう。

どうしても3匹以上飼育したいのであれば、大型の水槽にライブロックを多めに設置し、巣穴を複数作成できるような環境を作りましょう。

45cm以下の場合は喧嘩をしてしまうことが多いですので、その場合はペアまでにしましょう。ギンポやその他ハゼ系との混泳も避けるようにしましょう。

サンゴとの混泳

問題ありません

サンゴに食害を及ぼすこともありませんし、遊泳によるストレスをサンゴに与えることもありません。非常にサンゴとの混泳に向いている種と言えるでしょう。

ただし群泳をする場合は水質を汚すスピードが速くなりますので、できれば水質耐性の強いソフトコーラルと混泳させるのがいいでしょう。

 

エサ


人工エサ、冷凍エサ両方とも好んで食べます

基本的にはそこに落ちてきた餌を食べますので、沈降性のエサを与えるようにしましょう。

スズメダイなどの勢いよくエサに食いつく種と混泳している場合はエサが行き渡らない可能性もありますので、多めのエサをいっぺんに入れるか、スポイトで底砂付近に与えるのもひとつです。

 

病気

病気には比較的強い種類です

スズメダイほどではありませんが環境変化にも強いため、病気にもかかりにくいようです。

ギンガハゼの場合、水質が悪化し有害物質が蓄積するとエサを食べなくなることが多いため、病気にかかりやすくなってしまいます。飼育前に水質を必ずチェックしてから飼育するようにしましょう。


 

まとめ

最後にギンガハゼについてまとめたいと思います!

値段  1600円
水温  24℃
水槽  30cm
協調性  ★★★★☆
餌付け  ★★★★☆
病気耐性  ★★★★☆
飼育難易度  ★★☆☆☆

 

おわりに

さてさて今回は美しい体色を持つギンガハゼの紹介をしました!

ギンガハゼは単独で飼育してもいいのですが、テッポウウオと共生させることで単独で飼育するだけでは見れない姿を見ることができます。

ギンガハゼを飼育する際は是非テッポウウオと混泳させて、共生する姿を楽しんでください!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

(海水魚)なかよしセットB(ギンガハゼ+ニシキテッポウ) 北海道・九州航空便要保温
価格:2540円(税込、送料別) (2017/11/19時点)

 

その他海水魚の購入はこちらからどうぞ!
 

チャーム本店チャーム本店チャーム本店チャーム本店チャーム本店チャーム本店チャーム本店チャーム本店チャーム本店チャーム本店チャーム本店チャーム本店
 









関連記事

  1. ニシキテッポウエビの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  2. ローランドダムセルの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  3. トールボッツダムセルの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  4. チョウハンの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  5. アカハラヤッコの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  6. ゴマハギの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  7. タテジマキンチャクダイの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  8. ツノダシの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

人気記事

  1. 病気・治療法

    海水魚の白点病に大効果!オキシドールの使い方!
  2. 用品・製品

    初心者必見!失敗しないろ材の順番!
  3. マリンアクアリウムの基本

    【必読】これから海水魚飼育を始めたい方はまずこち…
  4. マリンアクアリウムの基本

    【ベスト10】海水魚人気ランキング2020!オス…