クログチニザの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】





どうもヤスです!

今回はクログチニザという海水魚についてご紹介したいと思います!

クログチニザは知る人ぞ知る非常に不思議な海水魚で、とても人気のある海水魚です。上の画像を見て「あれ???これってヘラルドヤッコじゃないの???」と思った方も多いのではないでしょうか。

そうなんです、実はこのクログチニザは大の変装好き!幼魚の頃は小型ヤッコに擬態して生活しているんです!ちなみに下の写真がヘラルドヤッコです。そっくりですよね!

ちなみにクログチニザはヘラルドヤッコだけではなく、種類によってはナメラヤッコやレモンピールエンゼルなど様々な小型ヤッコに擬態するので、幼魚の頃から楽しむことができます!



 

クログチニザの購入

クログチニザはネットまたはアクリアリウムショップどちらでも購入ができます!

ただしハギ類は輸送中のストレスによる拒食で、水槽へ招きいれるとエサを食べないことによる衰弱ですぐに弱ってしまう個体もいますので、注意が必要です。

ハギ類で拒食はよくあることですが、クログチニザはそこまで拒食症状に陥ることはありません。心配な方はネット購入ではエサを食べているかどうかが判断ができませんので、できれば直接ショップで個体を見て購入することをオススメします。

 

クログチニザの値段

ネット購入とショップ購入の値段を調べてみましょう!

ネット購入  1,950円
 ショップ購入   2,600円

ハギにしては非常に安いです。

ナンヨウハギやキイロハギなどに比べると1/3くらいの価格なので、非常に購入しやすい金額です。

私がハギ類の購入でオススメしているのは、ある程度大型の個体を購入することです。幼魚の頃に比べると圧倒的に丈夫なため、病気や環境変化に対する耐性が圧倒的だからです。

もしネット購入を考えているんだけれども、ストレスによる衰弱が気になる方は是非参考にしてみてください!

 

水温・水質

最も好む温度は25℃です。

環境変化に強い種ではありませんので、温度変化には気を付けましょう。特に水槽への導入時などストレスを受けやすい時は、病気にかかってしまうこともありますので、水合わせの時も含め、水槽の温度もしっかりとを管理するようにしましょう。

ただ先ほどもお話をしましたが、成魚になったハギは外部環境の変化に非常に強くなります。私が飼育していたクログチニザの成魚はクーラーが壊れてしまい水温が34℃を越えた環境でも問題なく生きていました。

もしクーラーを設置していない水槽で飼育する場合などでは比較的大きく育った個体を飼育することをオススメします。


水槽の大きさ

最低でも60cm規格以上のものだと思います。

クログチニザはナンヨウハギ同様、慣れてくると水槽内をかなり泳ぎ回る種ですので、水槽が小さいとストレスを感じてしまいます。クログチニザは最大で20cm前後まで成長するため、体長面でも大きめの水槽を用意することが望ましいでしょう。

混泳をさせる場合などはできればもう一回り大きい水槽がほしいところですが、あまり生体数を入れないのであれば60cm水槽でも飼育は可能だと思いますが、理想は90cm以上の水槽です。

 

混泳

同種混泳

基本的には混泳不可です

クログチニザは自然界では群れで行動することが多いですが、水槽内では喧嘩をしてしまうことが多いため、複数飼育は避けるようにしましょう。水槽が120cmくらいの大きさの水槽であれば複数飼育もできますが、60cm前後の水槽では体の小さな個体がいじめられてしまうことがありますので注意しましょう。

ただしクログチニザ以外のハギ類との混泳であればあまり問題はありません。水槽が小さすぎなければ比較的仲良くしてくれるイメージですので、ナンヨウハギやキイロハギなどと混泳しても大丈夫です。

他種混泳

基本的には問題ありません

基本的にはおとなしい種ですので、どの魚とも仲良くします。ヤッコ類との混泳も問題ありませんが、気の強いヤッコが先に入っていて、あとからクログチニザを入れる場合は少しの間攻撃を仕掛けられてしまうこともありますが、3日ほど経てば仲良くしてくれます。

スズメダイやハゼ、チョウチョウウオなどとの混泳は特に問題ありません。飼育数だけは気をつけて飼育するようにしましょう。

サンゴとの混泳

サンゴとの飼育は問題ありません

サンゴに食害を及ぼすこともありませんし、サンゴにストレスを与えるほどの激しい泳ぎをすることもありませんので、安心して混泳することができます。

ただし成魚になると体が大きくなり、海水を汚すスピードも速くなりますので、水質に敏感なサンゴとの混泳は注意するようにしましょう。

 

エサ

人工エサと生エサどちらも食べますが、拒食の傾向がある場合は植物性のエサをあげるようにしましょう

クログチニザは自然界では海藻などを食べて生活をしているため、植物食性強い海水魚です。そのため植物由来の人工エサを好んで食べることが多いです。

オススメはメガバイトグリーンまたは海藻70などのエサが食いつきがよく、拒食症状のある個体でも食べてくれる可能性は高いと思います。

 

病気

病気にはかかりやすい種です。

水槽への導入初期でのウーディニウム病と、導入中期での白点病に気を付けましょう。拒食におちいったクログチニザは体力が落ち、病気にかかりやすくなります。水槽環境等からくるストレスを与えないように、水質はしっかりと整えるようにしましょう。

ただし成魚のクログチニザはよほどのことがない限り病気にかからなくなりますので、しっかりと成長するまでは病気に注意して、殺菌灯などを設置してあげるといいでしょう。


まとめ

最後にクログチニザについてまとめたいと思います!

値段  1,950円~
水温  25℃
水槽  60cm
協調性  ★★☆☆☆
餌付け  ★★★☆☆
病気耐性  ★★★☆☆
飼育難易度  ★★★☆☆

 

おわりに

さてさて今回は幼魚の頃の体色が非常に面白いクログチニザのご紹介をしました!

クログチニザは価格面でも初心者の方にオススメできるハギの1種です。ただし成魚になると幼魚の頃の綺麗な体色は変化し、茶褐色の地味な見た目になり、ゴマハギのような色に近くなります。

そのためもし派手で綺麗な体色を楽しみたいのであれば、キイロハギやナンヨウハギ、パウダーブルータンなどのハギを飼育することをオススメします!

 

 

その他海水魚の購入はこちらからどうぞ!
 
チャーム本店チャーム本店

チャーム本店チャーム本店

チャーム本店チャーム本店

チャーム本店チャーム本店

チャーム本店チャーム本店

チャーム本店チャーム本店










関連記事

  1. スパインチークアネモネフィッシュの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サ…

  2. ナンヨウハギの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  3. レモンピールエンゼルの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  4. アミメチョウチョウウオの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  5. プテラポゴン・カウデルニーの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】…

  6. スポッテッドマンダリンフィッシュの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サ…

  7. ヤエヤマギンポの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  8. シリキルリスズメダイの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

人気記事

  1. マリンアクアリウムの基本

    【必読】これから海水魚飼育を始めたい方はまずこち…
  2. マリンアクアリウムの基本

    【ベスト10】海水魚人気ランキング2019!オス…
  3. 病気・治療法

    海水魚の白点病に大効果!オキシドールの使い方!
  4. 用品・製品

    初心者必見!失敗しないろ材の順番!