カクレクマノミ特有の病気!カクレ病の症状と対処法は?





どうもヤスです!

今回はカクレクマノミを飼育している方の多くが経験したことがあるであろうカクレ病についてご紹介したいと思います。

カクレ病とはカクレクマノミ特有の病気で、症状としてはトリコディナに似ているところがあります。水槽導入直後が特にかかりやすく、体表に薄い白い膜が張ったような見た目になります。

この病気は進行が早いため早急な治療が求められますが、多くの方が治療法がわからず手遅れになってしまうことが多いです。

今回はそんなカクレ病の対処法についてご紹介をしたいと思います!



 

カクレ病とは?


カクレ病はカクレクマノミ特有の病気で体表に白い膜が張ったような見た目になります。

見た目及び症状はトリコディナ病に似ていることもあり、進行も非常に早いです。病気発症に気付いた次の日には水槽の底で動かなくなっていた、なんてこともよくあります。

カクレ病を発症する個体の多くは輸送後の水槽導入時の場合が多く、環境の整っているアクアリウムショップでも発症してしまうことがあります。

原因はストレスによる衰弱とトリコディナ同様に細菌由来の可能性が高いと言われているため、早期の徹底した治療が必要になります。

 

 

カクレ病の症状

先程も簡単にお話をした通り、体表に白い膜が張ったような見た目になります。

初期症状としてはヒレの先端が白くなることが多く、この頃はまだ餌を食べることが多いです。あまり通常の状態と比べ差がないため、病気にかかっていることを見逃しがちです。この頃に病気に気付いた場合はまだ助かる確率は高いです。

中期症状としてはヒレだけではなく、体表が若干白っぽく濁り始めます。このフェーズから食欲がなくなり、あまり餌を食べなくなります。食べたとしても以前のように食いつきが良くなく、明らかに食欲が落ちているのが目に見えてわかります。ここで病気に気づく方が多いですが、残念ながらこの時点で気付いても助かる確率は50%ないくらいだと思ってください。

末期症状としてはヒレと体表全体が白い膜に覆われた見た目になり、エサを食べていないためゲッソリした見た目になります。さらにフラフラとした泳ぎ方になり、なんとか踏ん張って水中を漂っている感じが伝わってきます。この時点では治療に耐える体力も残っていないことが多いため、助かる確率は非常に低い状態になっています。

 

 

カクレ病の治療法


淡水浴または薬浴になります。

淡水浴は正直危険と隣り合わせですので、できれば薬浴をオススメします。いづれにせよこれらの治療法で回復するのは初期症状段階までであり、うまく治療できたとしても経験上、中期症状までだと思います。

末期症状まで出てしまうと、クマノミに淡水浴や薬浴に耐えられる体力が残っていないため、病気がある程度治ったとしてもエサを食べられず死んでしまうことが多いです。

できれば初期症状が現れた段階で治療をできるようにしましょう。

薬浴の方法は以下の記事を御覧ください。

 

おわりに

さて今回はカクレクマノミ特有のカクレ病についてご紹介しました!

カクレ病はトリコディナ同様に非常に怖い病気です。進行も早いため出来る限り早期の治療ができるように、少しでも違和感があった場合はヒレのあたりに白いモヤがついていないかどうかを確認してみましょう!










関連記事

  1. 海水魚の白点病に大効果!?殺菌灯について!

  2. 淡水浴が有効?海水魚のウーディニウム病の症状と治療方法!

  3. 有効な薬や治療法は?リムフォシスティス病の症状と対処方法!

  4. 海水魚の白点病に効果のあるやり方は?淡水浴の正しい方法!

  5. 原因や特徴はなに?トリコディナ病の症状と対処方法!

  6. 海水魚の目が白く濁るしまう原因は?白濁の治療法をご紹介!

  7. 海水魚の病気に効果あり!グリーンFゴールドを使用した薬浴のやり方!

  8. 治療できる?白点病に有効な薬品や対処方法について!

人気記事

  1. マリンアクアリウムの基本

    【ベスト10】海水魚人気ランキング2018!オス…
  2. 病気・治療法

    海水魚の白点病に大効果!オキシドールの使い方!
  3. マリンアクアリウムの基本

    【必読】これから海水魚飼育を始めたい方はまずこち…
  4. 用品・製品

    初心者必見!失敗しないろ材の順番!