ウィスカーズコーラルの特徴と飼育方法!【餌・水流・水質・光・毒・通販】





どうもヤスです!

今回はハードコーラルのLPSの一種『ウィスカーズコーラル』についてお話しをします!

ウィスカーズコーラルは一昔前までは入荷量が非常に少なく、非常に高価なサンゴでした。最近では流通量も安定し、比較的安価になってきたので手も出しやすくなってきています。

また飼育も比較的簡単で非常に丈夫な種ですので、初心者の方にもオススメのサンゴといえるでしょう。

見た目は陰日性サンゴのキサンゴに似ていますが、飼育は圧倒的にウィスカーズコーラルの方が簡単です。キサンゴを飼いたいけど自身がないという方は、見た目の似ているウィスカーズコーラルを飼育してみるのもいいかもしれませんよ!



 

ウィスカーズコーラルの分類

ウィスカーズコーラルはハードコーラルの中のLPSと呼ばれる区分に分類されます。

ハードコーラルはポリプによって形成された骨格にポリプが住み着いたサンゴを言います。

ハードコーラルには2種類あり、ポリプの大きさによって分別され、骨格に比べてポリプが大きいものを『LPS』、小さいものを『SPS』と区分します。

SPSはポリプの住む骨格が大きいため、非常に大量の栄養分を必要とします。ハードコーラルの主な栄養摂取方法は褐虫藻の光合成によるものなので、たくさん光合成をできるように強い光を与える必要があります

それに対してLPSはSPSに比べると骨格も小さいため、そこまで大量の養分を必要としませんので、光もある程度の強さで飼育可能です。サンゴについての詳しい説明はこちらをご覧ください。

 

 

ウィスカーズコーラルの購入・値段

ウィスカーズコーラルはネットまたはアクアリウムショップで購入することができます。

ハードコーラルはソフトコーラルに比べ、水質環境の変化や水質悪化などの飼育環境の変化に敏感で影響を受けやすい種です。

ウィスカーズコーラルは比較的丈夫であるため、輸送中にダメージを受ける心配はあまりありません。ただし購入時にすでに本体がダメージを受けていたりすると輸送中に弱ってしまいますので、購入時は元気な個体を購入するようにしましょう。

値段は以下の通りになります。

ネット購入 3,500~10,000円
ショップ購入 5,000~15,000円

 

通常のサンゴよりも若干高いイメージですね。

流通量が安定したとはいえ、まだ他のサンゴに比べて値段は高いです。基本的には産地はオーストラリアですが、色合いによって値段が倍くらい変わってきます。フルグリーンの個体は通常のウィスカーズコーラルに比べて2~3倍の値段がする個体が多いようです。

またウィスカーズコーラルは枝状のポリプを複数生やした見た目をしており、このポリプが非常に多い大型の個体になると30,000円~50,000円くらいするものもあります。

購入する際はポリプがへたっていないもの、色が褪せていないものを選ぶようにしましょう。


 

 

ウィスカーズコーラルの飼育環境

ではウィスカーズコーラルの好む飼育環境について確認をしてみましょう!

 

水質耐性

水質変化には比較的丈夫な種です。

ハードコーラルはソフトコーラルに比べ、水質変化には弱い種がほとんどです。

SPSに比べればLPSはまだ丈夫な方ですが、個体差がありますので水質についてはかなり注意を払う必要があります。

ウィスカーズコーラルは比較的丈夫な種で水質変化にもある程度耐えられる種なため、オーバーフロー水槽でなくても外部フィルターを使用した環境でも十分飼育は可能です。

他のサンゴ同様にリン酸塩、硝酸塩、ケイ酸塩などの栄養塩のチェックをすることは当然大切ですが、こういった栄養塩にも比較的耐性があり、すぐに弱ってしまうことはあまりありません。そのためサンゴ飼育になれていない初心者の方でも十分飼育可能な種といえるでしょう。

サンゴに最適な水質についてはこちらをご覧ください!

 

光の強さ

比較的強い光が必要です

ハードコーラルなので、栄養は光合成によって得ます。ハードコーラルは骨格をもつサンゴなので、その骨格を維持するためたくさんの栄養が必要になります。そのためにはたくさん光合成をおこなう必要があるため、強い光を当てる必要があります。

ウィスカーズコーラルは光量の許容範囲が非常に広く、メタハラはもちろんのこと、LEDでも十分に飼育は可能な種です。

好日性サンゴなのでできれば強い光を当ててあげることが望ましいため、これから照明を購入される方はメタハラを購入する方が良いかと思います。

 

水流の強さ

比較的強い水流が必要です

ポリプがある程度揺れる水流があれば十分です。あまり水流が強いとサンゴにストレスがかかり、最悪ポリプが折れてしまうこともありますので注意しましょう。

水流はランダムに当ててあげることが望ましいので、複数のサーキュレーターをタイマーで動かすか、または回転式のサーキュレーターを使用してランダム水流を起こしてあげるようにしましょう。

水流の作り方についてはこちらをご覧ください!

 

給餌の必要性

基本的に給餌は必要ありません

基本的には光合成で栄養を得ますので、餌をあげる必要はありませんが、光が弱いと光合成が十分に行えず、栄養不足で弱ってしまうこともあります。

もし照明がメタハラではなくLEDの場合は、1週間~2週間に1度、クリルやブラインシュリンプなどを与えてあげるといいでしょう。

また他のサンゴ同様、ミネラル系の元素は必須ですので、常に気にしてあげましょう。ストロンチウムやカルシウムなどが不足していると考えられるときは添加剤を付加してあげるといいです。

各メーカー(レッドシーやゼオビット系)から販売されている添加剤を使用して、カルシウムやマグネシウムなど、必要な元素が常に一定量海水に含まれているように調整しましょう。

添加剤についてはこちらをご覧ください。

 

飼育環境まとめ

ではウィスカーズコーラルの飼育環境についてまとめたいと思います。

項目  弱ーーーーーーーー強
水質耐性  □□□□■■■□□
光の強さ  □□□□■■■
水流の強さ  □□□■■■□□□
給餌の必要性  □□■■□□□□□□
飼育難易度  □□■■■□□

 

 

カラーバリエーション

ウィスカーズコーラルはあまりカラーバリエーションは多くなく、グリーンやパープル系統の色が一般的です。

中にはフルグリーンの個体もあり、非常に高い値段で販売されています。



 

毒性

強い毒をもっています

ウィスカーズコーラルは特に他のサンゴを攻撃しやすいというわけではありませんが、飼育環境に慣れてくるとどんどん大きくなるため、近くのサンゴに接触してしまうケースが多いです。

成長スピードはサンゴの中でも早い方なので、設置する場所には余裕をもって置くことをオススメします。

 

 

海水魚との相性

チョウチョウウオとケントロピーゲ亜属のヤッコには食害を受けることがありますが、他のサンゴほど食害にあうことは少ないようです。

ハギ類やその他ヤッコ類にはあまり食害を受けることはありませんので、混泳しても問題ないでしょう。

また海水魚の遊泳にはほとんどダメージを受けないため、比較的多くの海水魚と同居させることができます。

海水魚との混泳についてはこちらをご覧ください!

 

 

温度

適温は24℃~28℃です。

海水魚と混泳をさせる場合は25℃に設定することをオススメします。

 

 

おわりに

さてさて今回はハードコーラルの中のLPSの一種、ウィスカーズコーラルについてお話をしました!

ウィスカーズコーラルは水質変化に丈夫ですので、環境になれてしまえばすくすくと成長してくれる非常に飼育しやすい種です。

水質環境や光の強さにもうるさくなく、栄養塩にも強いサンゴですので、これからサンゴ飼育を考えている方や初心者の方には非常にオススメできるサンゴだと思います!










関連記事

  1. サンゴの種類は?種類別の特徴や飼育方法について!【珊瑚】

  2. アザミサンゴの飼育方法!【餌・水流・水質・光・毒・通販】

  3. トランペットコーラルの飼育方法!【餌・水流・水質・光・毒・通販】

  4. 深場ミドリイシの飼育方法!【餌・水流・水質・照明・毒・通販】

  5. チヂミトサカ飼育方法!【餌・水流・水質・光・毒・通販】

  6. 浅場ミドリイシの飼育方法!【餌・水流・水質・光・毒・通販】

  7. コモンサンゴの飼育方法!【餌・水流・水質・光・毒・通販】

  8. バブルコーラルの飼育方法!【餌・水流・水質・光・毒・通販】

人気記事

  1. 病気・治療法

    海水魚の白点病に大効果!オキシドールの使い方!
  2. マリンアクアリウムの基本

    【必読】これから海水魚飼育を始めたい方はまずこち…
  3. 用品・製品

    初心者必見!失敗しないろ材の順番!
  4. マリンアクアリウムの基本

    【ベスト10】海水魚人気ランキング2019!オス…