インディアンフレームアンティアスの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】





どうもヤスです!

今回はアカネハナゴイに見た目が非常に似ているインディアンフレームアンティアスついてお話をしたいと思います!

インディアンフレームアンティアスはアカネハナゴイのインド洋版で、キンギョハナダイよりも体色に高級感があり、生体価格も若干高価です。

飼育難易度は他のハナダイ系に比べても低く、初心者の方でも安心して飼育することのできる種です。複数飼育ができる種ですので、水槽が大きい場合は混泳にチャレンジしてみたいですね!



 

インディアンフレームアンティアスの購入

ネットまたはアクリアリウムショップどちらでも購入ができます!

インディアンフレームアンティアスの場合、丈夫なのでネット購入でも問題ないと思います。ネットの場合は複数購入で安価販売をしていることも多いため、複数飼育をしたい場合はネットの方がお得なことが多いです。

ただしネット購入の場合は個体を選ぶことはできませんので、個体の細かい見た目や体長を気にされる方はショップ購入がいいでしょう。

 

インディアンフレームアンティアスの値段

ネット購入とショップ購入の値段を調べてみましょう!

ネット購入  1,800円
 ショップ購入   1,780円

ほとんど差はありませんね。

アカネハナゴイが1匹700円くらいの価格に対して、インディアンフレームアンティアスはその2倍以上の価格設定ですね。そこまで単体価格は安くはないため、ネットでまとめて複数購入した方がお得なことが多いです。

チャームさんの場合だと5匹同時購入で単体価格を1400円ちょっとまで下げることができますので、やはり複数購入がお得なようです。もし水槽のスペースに余裕がある場合は複数購入してぜひ混泳を楽しんでみてください!

 

 水温・水質

最も好む温度は24℃です。

インディアンフレームアンティアスは環境変化には比較的強い種のため、多少の温度変化や水質変化は問題ありません。

インディアンフレームアンティアスは水温には比較的強く、以前私が飼育していた個体もクーラーが故障してしまい温度が30℃近くまで上昇してしまった水槽内でも特に変わった様子はなく泳いでいました。

ただし私の経験上、キンギョハナダイよりは環境変化に対する耐性はあるかと思いますが、体長が悪くなるとすぐに白点病にかかってしまうことが多い印象です。


 

水槽の大きさ

単体であれば45cm水槽でも十分飼育可能です。

あまり激しく泳ぐ種ではありませんので、さほど水槽の広さには制限されず飼育することが可能です。ただし体長は最大で10cmを超えることもありますので、混泳をするのであれば60cm以上の水槽を用意してあげることが必須です。

複数飼育する場合も基本的には60cm以上の水槽が絶対ですが、8匹以上飼育するのであれば90cm以上の水槽が理想的です。

 

混泳

他種混泳

アカネハナゴイ同様に若干臆病な性格のため、小型ヤッコ系との混泳は注意が必要です。

個体差がありますのでなんとも言えませんが、気の強い海水魚との混泳は避けた方がいいでしょう。怯えてエサを食べてくれない可能性がありますのでもし単独飼育するようであればライブロックなどはしっかりと設置し、逃げ込める場所を作ってあげることが大切です。

ただし群泳する場合は気の強い海水魚もあまり手を出さない傾向があります。そのため水槽がある程度大型であれば、5匹以上群泳させて群れで泳がせてあげることが大切です。

ナンヨウハギなどのハギ類とは比較的仲良くする傾向がありますが、水槽の小さいと時には追い回されてしまうこともありますので注意が必要です。

同種混泳

通常、海水魚は同族での飼育は喧嘩になることが多いですが、インディアンフレームアンティアスの場合同族での群れで行動する習性があります

少々臆病な性格ということもありますので、できれば1匹だけではなく複数購入して群れで泳がせてあげることが望ましいです。

水槽の大きさにもよりますが、5匹以上で飼育することをオススメします。60cm以下の水槽であれば3匹前後がベストだと思います。

サンゴとの混泳

問題ありません

サンゴに食害を及ぼすこともありませんし、遊泳によるストレスをサンゴに与えることもありません。非常にサンゴとの混泳に向いている種と言えるでしょう。

ただし群泳をする場合は水質を汚すスピードが速くなりますので、できれば水質耐性の強いソフトコーラルと混泳させるのがいいでしょう。

 

エサ

人工エサ、冷凍エサ両方とも好んで食べます

ハナゴイは基本的に臆病で餌付きにくいことで有名ですが、インディアンフレームアンティアスは比較的すぐにエサを食べてくれるようになります

ネットで購入した個体でもすぐに食べてくれた印象が強いため、あまり餌付けには気をかけなくて大丈夫かと思います。

 

病気

病気には比較的強い種類です

スズメダイほどではありませんが、環境変化にも強いため、病気にもかかりにくいようです。しかし水温が低下すると白点病にかかる確率が高くなりますので、飼育環境には十分注意しましょう。

インディアンフレームアンティアスの場合、水質が悪化し有害物質が蓄積すると白点病にかかりやすくなってしまいます。飼育前に水質を必ずチェックしてから飼育するようにしましょう。


 

まとめ

最後にインディアンフレームアンティアスについてまとめたいと思います!

値段  1780円
水温  24℃
水槽  30cm
協調性  ★★★★★
餌付け  ★★★★☆
病気耐性  ★★★☆☆
飼育難易度  ★★☆☆☆

 

おわりに

さてさて今回は初心者の方も安心して飼育することができるインディアンフレームアンティアスについてお話ししました!

アカネハナゴイ同様にインディアンフレームアンティアスが群泳する姿はやはり眼を見張るものがあります。私は将来的に180cmの水槽にインディアンフレームアンティアスを群泳させることが夢だったりするので、ぜひ皆さんも群泳飼育にチャレンジしてみてください!

 

その他海水魚の購入はこちらからどうぞ!
 
チャーム本店チャーム本店

チャーム本店チャーム本店

チャーム本店チャーム本店

チャーム本店チャーム本店

チャーム本店チャーム本店

チャーム本店チャーム本店










関連記事

  1. アカハチハゼの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  2. タテジマヤッコの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  3. ナンヨウハギの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  4. トゲチョウチョウウオの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  5. パープルタンの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  6. ヒレナガハギの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  7. ピーチクリーナーラスの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  8. アカネハナゴイの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

人気記事

  1. マリンアクアリウムの基本

    【必読】これから海水魚飼育を始めたい方はまずこち…
  2. 用品・製品

    初心者必見!失敗しないろ材の順番!
  3. マリンアクアリウムの基本

    【ベスト10】海水魚人気ランキング2019!オス…
  4. 病気・治療法

    海水魚の白点病に大効果!オキシドールの使い方!