アミメチョウチョウウオの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】





どうもヤスです!

今回はチョウチョウウオの中でもポピュラーな種の『アミメチョウチョウウオ』をご紹介したいと思います。

アミメチョウチョウウオは名前の通り体表に網目状の模様がついており、尾びれの綺麗なオレンジ色が特徴的な海水魚です。

成長すると10cm以上になることが多く、よく泳ぎ回る種なので大きめの水槽が望ましいでしょう。飼育は比較的簡単なので初心者の方にもオススメできる種です。今後、海水魚メインで飼育をしていく予定の方には特にオススメできます。



 

アミメチョウチョウウオの購入

ネットまたはアクリアリウムショップどちらでも購入ができます!

アミメチョウチョウウオは比較的丈夫な種なのでネット購入でも問題ないと思います。

ただし購入する際は必ず餌付いているかどうかを確認しましょう。アミメチョウチョウウオは水槽に導入してからの餌付けには苦労することがあります。人口餌をしっかり食べているかどうかショップの店員さんに聞いてみてください。

またアミメチョウチョウウオは水温に敏感なので、ネットでの真冬や真夏の購入は避けた方がいいかもしれません。

 

アミメチョウチョウウオの値段

ネット購入とショップ購入の値段を調べてみましょう!

ネット購入  980円
 ショップ購入   1,200円

あまり値段に差はありません。

チョウチョウウオは比較的安価なものが多いため、初心者の方も手を出しやすいと思います。

またチョウチョウウオは複数混泳してしまうと喧嘩をしてしまいますので、基本的に購入も1匹にするのが無難だと思います。送料や輸送時の危険性も考えるとアミメチョウチョウウオはショップから直接購入した方が良いと思います。

 

 水温・水質

最も好む温度は25℃です。

アミメチョウチョウウオは水温変化に弱い部分がありますので、水温はできるだけ一定に保てるようにしましょう。

理想を言えばクーラーとヒーターを設置することが望ましいですが、クーラーは非常に高価ですので購入が難しい方は少なくともヒーターだけは必ず設置するようにしましょう。


水槽の大きさ

最低でも45cmの水槽を用意するようにしましょう。

最大で体長が10cm以上になるため、45cmでも小さいくらいだと思います。他にも海水魚を混泳させるのであれば、60cmの水槽は必須だと思ってください。

 

混泳

他種混泳

アミメチョウチョウウオは比較的多くの海水魚と混泳させることができます

あまり他の海水魚を追いかけ回すことはしませんし、体も大きいため他の海水魚からいじめられることもありません。

ただし水槽が小さく、スペースにあまり余裕がないときはテリトリーに入ってきた海水魚を攻撃をすることもありますので、できれば大きめの水槽を用意してあげると良いでしょう。

同種混泳

基本的に複数飼育はNGな種です。

アミメチョウチョウウオはテリトリー意識が強いため、同種を複数飼育をすると必ずと言っていいほど喧嘩をします。

他の海水魚とは混泳できてもチョウチョウウオ同士の混泳は難しいと思います。相当チョウチョウウオの飼育になれている人を除き、基本的に1つの水槽には1匹しかいれられないと思ってください。

サンゴとの混泳

サンゴとの混泳はNGです。

チョウチョウウオはその性質上、サンゴを餌として認識してしまうため、サンゴがいる水槽では必ずつついてしまいます。

サンゴの種類はソフトコーラル、LPS、SPSなどいくつか種類がありますが、基本的にはどのサンゴにもちょっかいを出してしまいますので混泳は難しいと思ってください。

サンゴについての基本的な情報はこちらをご覧ください。


 

エサ

人工エサ、冷凍エサ両方とも好んで食べます

餌付けは比較的難しいとされていますので、必ず餌付けの済んでいる個体を購入するようにしましょう。

口が尖っていておちょぼ口なので、大きい粒の餌は食べられません。冷凍エサの方が好んで食べる傾向がありますので、もしなかなか餌付かない場合はブラインシュリンプなどの餌を与えると良いでしょう。

 

病気

病気にはあまり強くありません

水温変化や水質変化にはストレスを感じやすく、それが原因で白点病にかかってしまうことが多いようです。

夏場や冬場などの温度変化には気をつけるようにし、温度を一定に保てるようにしましょう。


まとめ

最後にアミメチョウチョウウオについてまとめたいと思います!

値段  980円~
水温  25℃
水槽  45cm~
協調性  ★★★☆☆
餌付け  ★★★☆☆
病気耐性  ★★☆☆☆
飼育難易度  ★★★☆☆

 

おわりに

さてさて今回は綺麗な青色の体食をしたアミメチョウチョウウオについてお話をしました!

アミメチョウチョウウオは一定温度を保てる環境があり、こまめに水換えをできるのであれば、長期飼育も難しくない丈夫な種なので、初心者の方にもオススメできる種です。

サンゴとは混泳はできませんが、多くの海水魚と混泳させることができますので、今後海水魚メインで飼育するのであればオススメできる海水魚です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

(海水魚)アミメチョウチョウウオ(1匹) 北海道・九州航空便要保温
価格:1700円(税込、送料別) (2017/10/11時点)

 

その他海水魚の購入はこちらからどうぞ!
 
チャーム本店チャーム本店

チャーム本店チャーム本店

チャーム本店チャーム本店

チャーム本店チャーム本店

チャーム本店チャーム本店

チャーム本店チャーム本店










関連記事

  1. ナンヨウハギの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  2. タテジマヤッコの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  3. ローランドダムセルの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  4. ニセモチノウオの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  5. バートレットアンティアスの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  6. ウミウシの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  7. ロックビューティーの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  8. マンジュウイシモチの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

人気記事

  1. マリンアクアリウムの基本

    【必読】これから海水魚飼育を始めたい方はまずこち…
  2. 用品・製品

    初心者必見!失敗しないろ材の順番!
  3. 病気・治療法

    海水魚の白点病に大効果!オキシドールの使い方!
  4. マリンアクアリウムの基本

    【ベスト10】海水魚人気ランキング2021!オス…