アフリカンフレームバックエンゼルの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】





どうもヤスです!

さて今回はオレンジとダークブルーの派手な体色が特徴の『アフリカンフレームバックエンゼル』についてお話をしたいと思います。

非常に丈夫な種で餌付けも比較的簡単ですので、初心者の方でも飼育可能ですが、性格が非常にきついですので混泳には注意する必要があります。ヤッコなどの同種も含め、他の海水魚と混泳させる場合は注意しましょう。



 

アフリカンフレームバックエンゼルの購入

アフリカンフレームバックエンゼルはネットまたはアクリアリウムショップどちらでも購入ができます!

アフリカンフレームバックエンゼルについてはショップ購入でもネット購入でもどちらでも大丈夫です。アフリカンフレームバックエンゼルは比較的丈夫なため、輸送中に弱ることはあまりありません。

身体が大きくなるにつれて性格がきつくなりますので、すでに他の海水魚を飼育している場合はできれ身体の小さな個体を購入するようにしましょう。

 

アフリカンフレームバックエンゼルの値段

ネット購入とショップ購入の値段を調べてみましょう!

ネット購入  4,500円
 ショップ購入   6,000円

若干価格は高いですね。クシピポプス属のヤッコの中では比較的安価な方だと思います。

サンゴと飼育できるヤッコの中では安価な方で、その非常に綺麗な見た目からフレームエンゼル同様にとても人気があります。

 

 水温・水質

最も好む温度は24℃です。

アフリカンフレームバックエンゼルは水温・水質変化には比較的丈夫ですが、水槽への導入初期などの環境変化が激しいシーンでは注意が必要です。

ヤッコですので白点病にかかりやすいですので、導入してから最初の1週間はしっかりと様子を見てあげましょう。


水槽の大きさ

少なくとも60cm水槽は用意する必要があります

アフリカンフレームバックエンゼルは最大でも10cm未満なため、さほど大きくはなりませんが、非常によく泳ぎ回る種のため最低でも60cm水槽は必要です。もし他に海水魚を飼育しないのであれば45cm水槽でも可能ですが、混泳させるのであれば60cm水槽は用意するようにしましょう。

 

混泳

他種混泳

注意が必要です。

アフリカンフレームバックエンゼルは非常に性格がきついですので、身体の小さい海水魚や色の似ている海水魚はとことん追い回します。デバスズメダイは特に追い回されてしまうため、混泳には注意しましょう。

中層に住む海水魚とはあまり喧嘩をせず仲良くしてくれることが多いですが、できるだけライブロックをたくさん組んで隠れられるスペースを確保してあげることが大切です。

同種混泳

複数飼育は注意が必要です。

ただしアフリカンフレームバックエンゼルはペアであれば水槽内で飼育することも可能です。ペアにするときに注意すべきは身体の大きさで、できるだけ身体の大きさが異なる個体をいれるようにしましょう。

それ以外の同種と混泳させる場合はかなり注意が必要です。

アフリカンフレームバックエンゼルはヤッコの中でも非常に気が強いため、ヤッコを混泳させる場合はアフリカンフレームバックエンゼルよりも先に水槽に入れるか、身体の大きな個体を入れる必要があります。詳しくはこちらをご覧ください。

サンゴとの混泳

混泳は基本的に可能です

クシピポプス亜属ですので、基本的にはあまりサンゴに食害を及ぼしません。ただし餌付いていない個体を入れるとエサに困ってポリプをつついてしまうことがあります。

リーフタンクに入れる際は、必ず餌付いている状態で入れるようにしましょう。

 

エサ

比較的簡単に餌付けられます

ただし飼育環境によってストレスを感じてしまうとエサを食べなくなったりすることがあります。もしエサを食べないときは冷凍エサなど餌付きやすいエサからあげるようにしましょう。

もしエサに関して不安がある場合は、購入先のショップ店員さんに聞いて、ショップであげていたエサと同じエサをあげるといいでしょう。

 

病気

白点病には注意しましょう

水温や水質の変化でストレスを感じてしまい体力が弱ってしまうとすぐに白点病にかかってしまいます。

特に一番病気にかかりやすいのは水槽導入初期です。環境変化からくるストレスで病気になってしまうことがありますので最初の1週間はしっかりと確認してあげるようにしましょう。

もし現在水槽内で白点病にかかっている個体がいる場合は、導入は控え、水槽内の白点病が落ち着いたら飼育するといいでしょう。


まとめ

最後にアフリカンフレームバックエンゼルについてまとめたいと思います!

値段  4,500円~
水温  24℃
水槽  60cm
協調性  ★★★☆☆
餌付け  ★★★☆☆
病気耐性  ★★★☆☆
飼育難易度  ★★★☆☆

 

おわりに

さて今回はアフリカンフレームバックエンゼルについてお話をしました!

性格はきついので混泳には注意が必要ですが、それ以外は特に心配すべき点はありませんので、初心者の方でも十分チャレンジできる種だと思います。

これからサンゴを飼育しようと思っている方にもオススメできる種ですので、ぜひ今回の記事を参考にしてみてください。

 

その他海水魚の購入はこちらからどうぞ!
 
チャーム本店チャーム本店

チャーム本店チャーム本店

チャーム本店チャーム本店

チャーム本店チャーム本店

チャーム本店チャーム本店

チャーム本店チャーム本店










関連記事

  1. サザナミヤッコの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  2. シチセンチョウの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  3. ネッタイスズメダイの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  4. ロックビューティーの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  5. ヘコアユの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  6. ナメラヤッコの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  7. ギンガハゼの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

  8. ヤマブキスズメダイの飼育方法!【混泳・餌・病気・性格・サンゴ】

人気記事

  1. 用品・製品

    初心者必見!失敗しないろ材の順番!
  2. 病気・治療法

    海水魚の白点病に大効果!オキシドールの使い方!
  3. マリンアクアリウムの基本

    【必読】これから海水魚飼育を始めたい方はまずこち…
  4. マリンアクアリウムの基本

    【ベスト10】海水魚人気ランキング2019!オス…