【白点病】殺菌灯と殺菌筒を使い分けろ!オススメの商品と効果の違いは?【海水魚】





どうもヤスです!

今回は殺菌灯と殺菌筒について私が使用して非常に効果のあったと実感をした商品をオススメの商品をご紹介したいと思います。

殺菌灯と殺菌筒は名前は似ていますが、効果や構造は大きく異なります。まずは前回ご紹介した殺菌灯と殺菌筒の記事についてご覧ください。

 

さてそんな殺菌灯と殺菌筒についてオススメの商品をご紹介したいと思います!



 

殺菌灯について

殺菌灯は白点病などの病原菌だけではなく、コケの胞子も破壊してくれる優れものです。

値段は少し高めですが、病原菌やコケに対する効果は抜群です。今回はいくつかあるなか使い勝手が良く、効果の実感できた商品をふたつご紹介します。

 

殺菌灯オススメ商品 No.1


様々なメーカーから販売されていますが一番コストパフォーマンスに優れているのは、『カミハタ ターボツイストZ』でしょう。水槽の大きさによって使い分けられるように対応リットルごとに商品が分けられて販売されており、付属品もここに販売されているのでメンテナンスもしやすいです。

私も現在このターボツイストZを使用していますが、一番効果として実感したのはナンヨウハギなどの病気に敏感な海水魚が白点病などの病気にかからなくなったことです。また場所も取らないので非常に使いやすいため、設置場所に余裕のない方にもオススメできる商品です。

 

殺菌灯オススメ商品 No.2


ふたつめはこちらもカミハタ製の『殺菌河童』という商品です。

この商品は外掛け式フィルターの形をしており、殺菌灯としての効果だけではなく、フィルターとしても使える優れものです。

さらに中にろ材を入れる空間があるため、そこに生物ろ材を入れることで、物理ろ過、生物ろ過、殺菌灯の3つの効果を発揮することができます。コケ除去能力もしっかり持っているため、コケについてお悩みの方にもオススメできます(写真は左が使用していないもので、右が使用して4日目のもの)。

引用:カミハタ『CCL殺菌河童フィルター』

 

ただしこの商品は私が使用した限り、60cmより小さい水槽で絶大な効果を発揮します。60cm以上の水槽についても当然効果はありますが、構造上大きな殺菌灯を導入することはできないため、ターボツイストZに比べると効果は薄いです。60cm以上の水槽でしっかりとした効果を求めるのであれば、ターボツイストZを使用した方がいいと思います。

 

 

殺菌筒について


さて次は殺菌筒のオススメ商品です。

殺菌筒は殺菌灯とは異なり、病原菌を殺菌するのではなく、ヨウ素の力で吸着して強制的に病原菌を減らします。殺菌灯のようにコケ除去の能力は持っていませんが、安価で手に入れることができ、病気感染はしっかり防ぐことができます。

殺菌筒はアクア工房が製作した商品で、病原菌除去に特化した商品です。

病原菌除去能力はピカイチで、殺菌効果で言えば殺菌灯を超えるかもしれない逸品です。対応水量はあまり多くないため、一台であれば60cm以下の水槽で使用し、90cm以上であれば二台設置するようにしましょう。

 

 

おわりに

さて今回は私が効果を実感できた殺菌灯と殺菌筒の商品についてお話をしました!

私は現在も殺菌灯と殺菌筒を両方とも使用しています。このふたつを使用するようになってから、魚が病気にかかることが一切なくなりました

これは比喩ではなく、実際に実感できた効果なので、皆様の中でも白点病などの病気にお悩みの方がいたら是非設置することをオススメします!









関連記事

  1. 殺菌灯とは別物?殺菌筒の白点病に対する効果!

  2. 人工海水の選び方!種類やオススメの商品は?天然海水はダメ?

  3. 【海水魚】物理ろ過と生物ろ過の違いは?オススメのフィルターの種類や特徴…

  4. 【サーキュレーション】サンゴ飼育に必要な水流の作り方は?水流ポンプのオ…

  5. 【エサ】製品人気ランキング2019!オススメの商品TOP5!

  6. 海水魚飼育にエアレーションは必要?ブクブクの意味と設置場所は!

  7. 【初心者必見】オーバーフロー水槽ってなに?普通の水槽と何が違うの?メリ…

  8. 照明の面白さ!LEDを複数使用して海の美しさを表現しよう!

人気記事

  1. マリンアクアリウムの基本

    【ベスト10】海水魚人気ランキング2019!オス…
  2. 病気・治療法

    海水魚の白点病に大効果!オキシドールの使い方!
  3. 用品・製品

    初心者必見!失敗しないろ材の順番!
  4. マリンアクアリウムの基本

    【必読】これから海水魚飼育を始めたい方はまずこち…