【海水魚】バクテリアを水槽立ち上げ時に定着・繁殖させる方法!





どうもヤスです!

皆さんは水槽を立ち上げてある程度の期間が経過したにも関わらず、なかなかバクテリアが定着せず水質が安定しない!なんて経験をしたことはありませんか?

私もマリンアクアリウムを初めたての頃、水槽が安定していないにもかかわらず海水魚を入れたり、水換えをしすぎてしまい、バクテリアが全く水槽内に定着しませんでした。

ではそんなバクテリアを早期に繁殖・定着させるためにはどうしたらよいのでしょうか?

今回はそんな水槽立ち上げ時のバクテリアの早期繁殖、早期定着の方法をご紹介したいと思います!



 

バクテリアの役割って何?

バクテリアには水槽内に蓄積した有害物質を分解する役割があります。

海水魚のフンやエサの食べ残しなどを分解しアンモニア→亜硝酸塩→硝酸塩の順番で分解し、最終的に底砂の中に生息する嫌気性バクテリアによって窒素に分解され空気中に放出されます。

なのでバクテリアは海水魚を飼育するうえで必ず必要な存在なんです。

しかしこのバクテリアが不足していると無害の硝酸塩まで分解されず、有害なアンモニアや亜硝酸塩の段階で分解が停滞してしまいます

そうすると海水魚に非常に悪い影響を与えるため、できるだけ早期にしっかりとバクテリアを定着させる必要があります。

次からその早期繁殖及び定着方法をご紹介したいと思います!

 

ライブロックの設置


ライブロックは自然の海から採取されたもので、質の高いバクテリアが大量に住み着いています

このライブロックを複数入れることで、バクテリアの存在しない水槽内に質の高いバクテリアを大量に取り入れることができます。

またライブロック自体がろ材の役割をするので、フィルター内のろ材によるろ過だけではなく、ライブロックによるろ過も期待することができます。

基本的にはショップで販売されているライブロックであればどれを買っていただいても問題ありませんが、稀にキュアリングをしていない質の悪いライブロックも販売されていることがありますので注意しましょう。

量質ともに兼ね備えたバクテリアを水槽内に繁殖させることができるので、水槽立ち上げ時は特にライブロックを設置することをオススメします!

 

バクテリア製剤の添加


バクテリア製剤は水槽立ち上げの際に必須のバクテリアがぎっしり詰まった製品で、水槽内にバクテリアを爆発的に増加させるのに非常に効果的です。

水槽を立ち上げてすぐの頃や水換えをした後などはバクテリアの数が減ってしまっていますので、そのバクテリアを補うために使用していただくのがオススメです!

私のオススメのバクテリア製剤はスーパーバイコムまたはバイオスコールという製品です。非常に質の高い製品で効果も比較的感じやすいのではないかと思います。水槽立ち上げ時には是非使用してみてください!

 

質の高いろ材を使用

ろ材は
バクテリアが住み着くための住処
になります。

質の高いろ材は表面が多孔質になっているため、バクテリアが非常に定着しやすい構造になっています。しかし質の低いろ材は表面がつるっとしていてあまり凸凹していないものが多いです。

凸凹していればしているほど表面積が増えますので、バクテリアも住み着く面積が増えるというわけですね。

なので高品質のろ材1個あたりに定着するバクテリア数は低品質のろ材に比べて圧倒的に多くなりますので、その分ろ過能力や繁殖力も強くなります。

オススメのろ材はパワーハウスのろ材です。ショップでは見本が置いてあることが多いので、気になる方は通常のろ材と比べてみてください。表面の凹凸に明らかな差があるのがわかると思います!

 

エアレーションを行う


バクテリアの有害物質分解や繁殖には海水中の酸素を使用します。

そのため海水内に酸素が不足しているとバクテリアの活動力も落ちてしまい、繁殖スピードも落ちてしまいます。早期にバクテリアを水槽内に定着させるためにもできるだけ設置してあげるようにしましょう。

水槽立ち上げ時は常にエアレーションを設置して海水中に酸素を送り込んであげることをオススメします!

 

パイロットフィッシュの飼育


パイロットフィッシュとは水槽を早期に立ち上げるために飼育する海水魚です。

パイロットフィッシュが生む汚れやフン、残り餌などがバクテリアの栄養分となり、バクテリアの早期繁殖・定着の手助けをします。

ただし大型の海水魚を入れてしまうとバクテリアの処理能力が追いつかず、有害物質が蓄積してしまいますので小型の海水魚を選ぶことをオススメします。

また飼育環境に敏感な海水魚の場合、水槽立ち上げ時の不安定な環境下では長生きできない可能性があります。スズメダイなどの丈夫な海水魚を選ぶようにしましょう!

 

おわりに

さて今回はバクテリアを早期に繁殖させる方法についてご紹介しました!

水槽を立ち上げてからバクテリアがしっかりと繁殖・定着するためには約1ヶ月は必要だと言われています。今回ご紹介をした方法を複数並行しておこなって頂くことでより早期に繁殖・定着させることが可能です。

しかし焦りは禁物です!しっかりと繁殖していない状態で海水魚を水槽内に入れてしまうと有害物質の分解が追いつかなくなってしまい、アンモニアや亜硝酸塩などの有害物質が蓄積してしまうので注意が必要です。

できれば今回ご紹介した方法をしっかりと実践していただいた上で、1ヶ月ほど待機すれば非常に良い状態で水槽が立ち上がるのではないかと思います!









関連記事

  1. エビの脱皮?ホワイトソックスやスカンクシュリンプも脱皮するの?

  2. 海水魚を傷つけずにすくう方法は?水槽の掃除のときに水槽から上手に出す方…

  3. アンモニアやドブの臭いがする?海水水槽が臭い原因と対策を徹底解説!

  4. 原因を徹底分析!購入後の海水魚がすぐに死んでしまう理由は?

  5. サンゴ岩との違いは?ライブロックの正体と役割!コケの掃除の仕方まで!

  6. 海水魚飼育にテストフィッシュは必要?水槽の立ち上げについて!

  7. ウミケムシの対策はどうする?効率的に除去する方法とは!

  8. 隔離をしよう!海水魚が喧嘩をしてしまった時の対処方法!

人気記事

  1. 用品・製品

    初心者必見!失敗しないろ材の順番!
  2. 病気・治療法

    海水魚の白点病に大効果!オキシドールの使い方!
  3. マリンアクアリウムの基本

    【必読】これから海水魚飼育を始めたい方はまずこち…
  4. マリンアクアリウムの基本

    【ベスト10】海水魚人気ランキング2018!オス…