【殺菌灯】製品人気ランキング2017!オススメの商品TOP5!





どうもヤスです!

今回は必須用具の人気商品ランキング第2弾として、『殺菌灯』の人気商品についてご紹介をしたいと思います。

殺菌灯は必須道具ではないものの、あれば海水魚の病気の予防や海水透明度の上昇など、様々な面で役立ちます。比較的高価な商品ですので初心者の方は手を出しづらいかもしれませんが、今回オススメする商品はしっかり効果を実感できるものになりますので、白点病などにお困りの方は是非オススメします。

殺菌灯についてはこちらをご覧ください。

 

殺菌灯を選ぶ上でポイントは『殺菌灯のワット数』と『設置タイプ』でしょう。水槽の大きさによって水量が変化するため、その水量に応じた殺菌灯を選ぶ必要があります。また設置したい場所によって購入するものも変わってきますので、その点も参考にしてください。

今回は紹介する商品は私が使用して効果を実感したもの、各ショップの店員さんからのアドバイスをもとに作成していますのでぜひ参考にしてみてください。



 

5位 ゼンスイ UVバズーカ

 

大手マリンアクアリウムメーカーのゼンスイ社から販売されている『UVバズーカ』です。

この商品の特徴といえば、その安価な値段です。通常の同規格の殺菌灯であれば1.5倍ほどの価格が多いですが、この商品は1万円以下で入手できます。

価格が安いからといって安っぽい作りをしているわけではなく、紫外線をしっかりと照射できるように中はらせん状のガラス管が設置されており、十分に殺菌できるような構造になっています。

13Wの1規格しかないため、大型の水槽には対応していないことと、専用のUVライトの照射度と寿命が若干短いのが気になりますが、60cm以下の水槽で使用するのであれば十分な効果を期待できる能力はあります。

UV殺菌灯 13W
紫外線照射度 8,000μW/cm2
UVランプ寿命 約5,000時間
対応水量 500L(45cm〜120cm)
設置場所 据置型
価格 8,800円〜

 

 

4位 殺菌河童


こちらも大手マリンアクアリウムメーカーのカミハタ社から販売されている『殺菌河童』です。

この殺菌河童は外掛け式の殺菌灯で、フィルターと殺菌灯のダブルの機能を持つ商品として非常に注目を浴びています。

その構造上、大型水槽には対応していませんが、殺菌能力の高い『CCL-UV』ランプを使用しており殺菌力も高く、かつランプは他の殺菌灯の5倍ほどの寿命をもつ超寿命なUVランプを使用しています。

またメンテナンスも非常に簡単なため、初心者の方にも安心して取り扱うことのできる商品です。外掛け式の商品のため、水槽周りに余裕のある方にはオススメできる商品です。

UV殺菌灯 6W
紫外線照射度 6,460μW/cm2
UVランプ寿命 約40,000時間
対応水量 100L(〜60cm)
設置場所 外掛け型
価格 13,500円〜

 

 

3位 ナプコ ネワミラー

殺菌灯では有名なレインボーライフガードを製造しているナプコから販売されている『ネワミラー』です。

この商品の特徴は他の殺菌灯には必要な本体交換作業が不要なことです。通常の殺菌灯では漏れる紫外線が原因で本体が傷んでしまい、水漏れ等の原因になるため1〜2年に1回の本体交換が必要ですが、このネワミラーにはその必要がないため、コストパフォーマンスに優れています。

本体内部が鏡面加工になっているため、照射ロスが少なく、反射による殺菌効果も期待できるため、省電力で高効果が期待できます。

設置方法も据置と張付けの2パターンから選べますので、置き場所にも困りません。1規格しかなく対応水量が少ないのが難点ですが、小型〜中型水槽をお持ちの方にはオススメできる商品です。

UV殺菌灯 9W
紫外線照射度 25,000μW/cm2
UVランプ寿命 約8,000時間
対応水量 140L(〜60cm)
設置場所 据置型、張付け型
価格 15,800円〜

 

 

2位 カミハタ ターボツイストZ

 

大手アクアリウムメーカーのカミハタから販売されている『ターボツイストZ』です。

殺菌灯の中では最も使用されており、効果に絶大な信頼のある商品として初心者からプロの方まで幅広く使用されています。多くのアクアリウムショップでもレイアウト水槽に使用されているため、もし直接効果を確かめたいのであれば、ショップに行くと見れる可能性が高いです。

殺菌灯として高い効果を求めることのできるオーソドックスならせんタイプのガラス管を使用し、高い殺菌効果を求められる構造になっています。

3規格製造されているため、幅広い水槽に対応しており、かつ据置と外掛け式で設置可能なため小型水槽からオーバーフロー水槽まで多くの規格の水槽に設置しやすくなっています

価格も平均的な値段をしており、大型水槽用の規格でも比較的入手しやすい価格設定になっているため。初心者の方でも手を出しやすいのではないかと思います。

1〜2年に1回、交換しないといけない部品が多いため、年間コストが少々かかってしまう難点がありますが、殺菌効果は非常に高い商品ですので、オススメできる商品です。

(9W)

UV殺菌灯 9W
紫外線照射度 9,580μW/cm2
UVランプ寿命 約8,000時間
対応水量 300L(〜60cm)
設置場所 据置型、外掛け型
価格 16,000円〜

 

(18W)

UV殺菌灯 18W
紫外線照射度 11,400μW/cm2
UVランプ寿命 約8,000時間
対応水量 600L(〜120cm)
設置場所 据置型、外掛け型
価格 21,000円〜

 

(36W)

UV殺菌灯 36W
紫外線照射度 11,400μW/cm2
UVランプ寿命 約8,000時間
対応水量 1,200L(〜180cm)
設置場所 据置型、外掛け型
価格 27,000円〜

 

 

 

1位 ナプコ レインボーライフガード

 

大型水槽所有者の中では非常に有名なナプコから販売されている『レインボーライフガード』です。

殺菌効果を最も実感できる殺菌灯として非常に人気の商品です。

この商品の特徴は3規格で販売されており、中型水槽から超大型水槽まで対応をしているところです。さらに縦型の殺菌灯のため殺菌にムラが生じず、内部がオーバーフロー構造になっているため、通過する海水に100%紫外線を照射することができます

また殺菌ランプは紫外線透過率の非常に高いハードクォーツ管を使用しているため、非常に殺菌力の高い構造になっています。

構造上、水槽外に設置しなければならないため場所をとることと、価格が高価な点が難点ですが、海水魚飼育者やオーバーフロー水槽を使用している方の多くはこの殺菌灯を使用している方が多い様で、高価は非常に高いと非常に好評です。

小さい水槽で使用する場合はオーバースキルになる可能性は高いですが、今後大きな水槽を使用する場合は必ず購入したい商品です。

(QL-15)

UV殺菌灯 15W
紫外線照射度 1,4755μW/cm2
UVランプ寿命 約8,000時間
対応水量 450L(45cm〜90cm)
設置場所 小型据置型
価格 30,000円〜

(QL-25)

UV殺菌灯 25W
紫外線照射度 16,900μW/cm2
UVランプ寿命 約8,000時間
対応水量 600L(〜120cm)
設置場所 中型据置型
価格 36,000円〜

 

(QL-40)

UV殺菌灯 40W
紫外線照射度 17,910μW/cm2
UVランプ寿命 約8,000時間
対応水量 1300L(〜180cm)
設置場所 大型据置型
価格 43,000円〜

 

 

おわりに

さて今回はコケの除去、病気予防に絶大な効果を発揮する『殺菌灯』の人気商品についてお話をしました!

どの商品がいいかといわれると一長一短な面があり一概には言えませんが、初心者の方には『ターボツイストZ』、すでにマリンアクアリウムを始めて長い方には『レインボーライフガード』をオススメします。

ただし今回ご紹介した商品はどれも素晴らしい効果を持つ商品ですので、予算やお好みに応じてお好きな商品を選んでみてください!









関連記事

  1. 餌の種類や好みの違いは?海水魚飼育にオススメのエサ!

  2. マメスキマーとオルカ・スキマーミニット2を徹底比較!小型水槽向けプロテ…

  3. 【水族館】葛西臨海水族園を徹底解説!オススメポイントを紹介!(東京・神…

  4. 海水魚飼育にテストフィッシュは必要?水槽の立ち上げについて!

  5. 【海水魚】物理ろ過と生物ろ過の違いは?オススメのフィルターの種類や特徴…

  6. 海水魚用の照明の選び方は?LEDやメタハラの種類や違いについて!

  7. 【海水魚ランキング】人気のチョウチョウウオ厳選5種!初心者にオススメの…

  8. 初心者必見!失敗しないろ材の順番!

人気記事

  1. マリンアクアリウムの基本

    【ベスト10】海水魚人気ランキング2018!オス…
  2. 用品・製品

    初心者必見!失敗しないろ材の順番!
  3. 病気・治療法

    海水魚の白点病に大効果!オキシドールの使い方!
  4. マリンアクアリウムの基本

    【必読】これから海水魚飼育を始めたい方はまずこち…