【板橋区】熱帯環境植物館を解説!グリーンドームねったいかんの海水魚を紹介!





どうもヤスです!

今回は板橋区の『熱帯環境植物館』についてご紹介したいと思います!

熱帯環境植物館は板橋区が運営する施設で、世界の三代熱帯雨林の中から、日本と密接な関係にある東南アジアの熱帯雨林を再現しています。

館内案内図を見ると、基本的には植物がメインで、熱帯魚はほんの一部だけのよう。私のように熱帯魚を見る目的だと正直物足りなさを感じるだろうな〜と思いつつ、入館料が260円と非常に安かったので、すぐに入館!

親切な受付の方に案内されて早速出発!写真とともに皆様にもご紹介いたします!

広い施設なため、今回は熱帯魚の展示ブースだけを紹介したいと思います!



 

熱帯魚展示ブース

受付を済ませて階段を降りるとすぐそこが水族館のようです。

大丈夫かな〜なんて思いながら恐る恐る階段を降りると…

…あれ???意外とすごいぞ!笑

最初ハードルが低かった分、一気にテンションが上がりました!なんか結構しっかりした水族館だ!これはかなり得した気分!!!

早速見学しましょう!!

 

クラゲ水槽

熱帯魚展示コーナーに入るとすぐに出迎えてくれたのはなんとクラゲ

まさか区が運営する水族館でクラゲが観れるとは思いませんでした。それも結構な数を飼育していて驚き!これだけでも十分見る価値のある水槽です!

 

 

その隣にはテラリウムっぽい水槽がありました!

ここには10cm前後のミナミトビハゼが数匹飼育されていました。その名前の通り、水槽内でかなり飛び跳ねています。なぜこんなに高さのある水槽なのか最初は疑問に思っていましたが、これだけ跳ねるのであれば納得です!笑

しかしなぜ南飛びハゼだけの水槽を展示したのかは不思議です!笑



 

海水展示ブース

さてこの施設のメインの水槽のご紹介です!

大型の海水魚水槽が全部で4台設置されており、いろんな海の生き物が展示されています。一番手前の水槽で最も存在感を放っているのはタカアシガニ!あまり動きませんが、非常に見応えのあるヤツでした。まさかカニを区立運営の施設でみれるとは・・・!

 

 

人気の海水魚がたくさん!

その隣の大型水槽2台には、通常の水族館にも負けないくらい人気の海水魚がたくさん展示されていました!

カクレクマノミやナンヨウハギ、キイロハギ、フレームエンゼル、ルリスズメダイなどの人気種が大量に飼育されており、普段海水魚を飼育している私でも十分満足できるクオリティの水槽でした!

また海水魚だけではなくサンゴも飼育されており、異常に育ったトサカが印象的でした。笑

これから海水魚を飼育したいと思っている方は、この水槽から飼育したい海水魚を選ぶのもいいと思います。それくらい人気種がしっかりと集められた水槽でした!

 

最後の海水魚にもたくさんの海水魚が飼育されていました!

大型のサザナミフグが圧倒的な存在感がありますが、その他にもヒメアイゴやバイカラードティーバック、デバスズメダイなどの人気種が仲良く泳いでいます!

サンゴは正直あまり充実していませんでしたが、これだけの海水魚を区立の施設でみれるとは考えていませんでした!これで入場料260円は安い!



 

汽水展示ブース

その海水魚水槽の向かいにあるのがこの淡水魚水槽!これまた立派!

海水魚に比べると種類自体はそこまで多くありませんでしたが、トランスルーセントグラスキャットなどの人気種も展示されており、見応えのある水槽でした!やっぱりトランスルーセントグラスキャットの群泳はみてて飽きないなあ・・・!

 

 

温室に入る前に可愛いヤツがいました!笑

水槽に近づくとこっちによってくるなんとも可愛いヤツ!手を振りながら近寄ってくる姿はなんとも愛らしい!

 

淡水展示ブース

温室に入るとここにもまた大型の水槽がお出迎え!

ここにはアジアアロワナや世界最大の淡水エイ、ヒマンチュラチャオプラヤが展示されています!まさかここでこのエイがみれるとは思いませんでした!凄まじい大きさに見入ってしまいました!

 

 

おまけ

最後に植物園の一部もご紹介します!

ひさしぶりに植物園を見学したのですが、結構面白いですね!

植物園は集落景観、潮間帯、熱帯低地林、雲霧林の4つに分かれており、それぞれで飼育されている植物が異なります。小学生の子たちが夏休みの自由研究に植物観察をするならもってこいの施設かもしれませんね!

 

おわりに

さて今回は板橋区立の熱帯環境植物館をご紹介いたしました!

今回見学して思ったのは、区立運営のレベルの水族館ではないな、ということ!ここまで素晴らしい海水魚や淡水魚がみれるとは思っていませんでした。

帰る際に受付の方に「すごいたくさんの海水魚がいるんですね〜」と話しかけてみたところ、なんと驚きの事実が!

受付の方から「実はこの施設、八景島シーパラダイスを運営する横浜八景島様が指定管理者として入っているんですよ〜」とまさかのご回答!!!

そりゃこれだけ素晴らしい施設になるはずですわ!!!!なぜこんなに熱帯魚が充実しているのかが理解できました!笑

というわけで、板橋区にお住いの方は、わざわざ遠くの水族館ではなく、熱帯環境植物館にいくといいと思います!デートには向いているとはいいませんが、海水魚を見る目的であれば十分楽しめると思いますので、ぜひ一度足を運んでみてください!









関連記事

  1. 初心者必見!海水魚飼育を始めるための前準備!必要な道具も紹介!

  2. 【エサ】製品人気ランキング2017!オススメの商品TOP5!

  3. 初心者必見!必要な道具は?これから海水魚飼育を始める方へ 【購入編①】…

  4. 日本一大きい美ら海水族館に行ってきた!入場料は16時から安くなって超お…

  5. 【底砂】製品人気ランキング2017!オススメの商品TOP5!

  6. 【水族館】アクアパーク品川を徹底解説!オススメポイントを紹介!(東京・…

  7. 【海水魚ランキング】人気のヤッコ厳選7種!飼育しやすいオススメの種類は…

  8. 【必読】これから海水魚飼育を始めたい方はまずこちらをご覧ください!

人気記事

  1. 用品・製品

    初心者必見!失敗しないろ材の順番!
  2. 病気・治療法

    海水魚の白点病に大効果!オキシドールの使い方!
  3. マリンアクアリウムの基本

    【ベスト10】海水魚人気ランキング2018!オス…
  4. マリンアクアリウムの基本

    【必読】これから海水魚飼育を始めたい方はまずこち…